1.寒い部屋は窓から冷気が舞い降りて窓の寒さ対策実現は断熱エコ障子だけ
2. ..窓の断熱温度測定結果は何度か詳細は窓の断熱温度測定
3..窓の断熱を考えると窓から漏れる熱エネルギーの計算が気になる窓の断熱計算1

4..窓の断熱性能レベル2(熱貫流率1.99)で温度差8度の透明な断熱エコ障子を!
5.  2層でのガス使用量

6..断熱性能レベル4
7.窓の結露 の発生しないためには窓の断熱性能レベル5(熱貫流率0.99)以上
  . 関西の寒窓に透明な断熱エコ障子5層以上で温度差を!
8..外4層増設して6層
9. 夏も冬の窓も透明な断熱エコ障子5層で温度差を10度!
10. 断熱エコ障子10層で20度の温度差を.
11..窓の断熱性能を向上する為に開発した断熱エコ障子で窓の断熱性能アップ
12. 断熱エコ障子の空気の熱伝導率
13.これからの注文住宅は窓の断熱性能レベル10(熱貫流率0.538)で世界最高水準の断熱性
   
で注文しよう。関東北陸の寒窓に断熱エコ障子10層で温度差24度を!.東北、北海道の寒窓
   に透明な断熱エコ障子10層以上で温度差24度以上を!
14..開口部省エネ窓対策寒さ対策販売中 断熱対策販売中 住宅産業の差別化戦略に
      断熱エコ障子。
15.断熱エコ障子の販売
16 .家を建てるならのページ
大型植木鉢(組立解体型)と果樹保護袋と透明植木根袋を 製造販売する谷口植木鉢店です
果樹保護袋  
無農薬栽培 りんご 王林 30.5.25 屋上王林
30.69

  果樹の無農薬栽培には果樹保護袋は必需品です の頁果樹栽培.野菜の無農薬栽培の頁
果樹栽培は害虫との戦いです。果樹栽培を無農薬で栽培したいという思いから果実ごと小枝を保護する果樹保護袋を開発して製造販売しています。
果樹保護袋は袋内虫も付かづに高温度で樹液水分蒸発が活発で味が濃縮されておいしくなります。
果樹の培養土に生ゴミを活用することで
   植木鉢の培養土に生ゴミを活用することの効果として葉っぱは青々として実なりもいいです
   1.生ゴミ堆肥化植木鉢に立派なメロンが育ちました
   2.生ゴミ堆肥化植木鉢に清水白桃が元気にたくさん育っています
   柿次郎ネクタリン秀峰に挑戦です。
   更に将来に特定の種類だけの生ゴミで栽培をすれば新しい味の果実が出来るのではないかと期待され
駐車場の大型植木鉢に植えた ブドウ藤稔
28.8.28の写真です
果樹保護袋の中で雨と害虫から守られて
ブドウ果実が色づいてきました

28.8.28収穫

ぶどう栽培は必ず害虫が飛んでくる
無農薬栽培でおいしいブドウを作りたい
26.7.16生ゴミ投入 26.7.10to26.8.7
27日間×2g=生ゴミ54g108g
600サイズ底面積0.459深さ30pで137g
27.3.6 ブドウ藤稔の植え替え
生ゴミの活用して生ゴミの有機肥料で丈夫な樹に育てたい
8月は毎日6リットルの水を与えています
28.5.30の果樹保護袋で保護した果樹
リンゴふじ
  の無農薬栽培


Fクリーン860さいず
直径109p底面積0.932u20せんちで186g
30pで279g
28.5.30撮影
大型植木鉢に生ゴミ26.8.11から投入 
26.9.26まで投入 
48日間×2g=生ゴミ96g埋め込み
上の写真のように沢山の実をつけています
この枝にすべて密閉果樹保護袋を被せました
  大

【植木鉢栽培で果樹の根域管理と給水管理が出来る】
   透明植木根袋型植木鉢で栽培したリンゴふじや柿大秋の果実がとても美味しくできました。透明植木根袋は根の
   状態が透明であるから土の保水状態や根の生育状態がわかり植木鉢栽培は給水管理が出来ることで給水は一
   日1回で樹にものどが渇いたという時間を与えなければ美味しい果実になりません。
   のどの渇きを満たすために浸透圧を大きくするために樹液濃度を高くした結果が美味しい果実に育った
   更に将来に特定の種類だけの生ゴミで栽培をすれば新しい味の果実が出来るのではないかと期待さ

 28.6.12玄関でぶどう巨峰の無農薬栽培
 28.6.12屋上でりんご王林の無農薬栽培
屋上の王林  の無農薬栽培
 28.6.12屋上で梨豊水の無農薬栽培 28.5.15の梨 新高梨 の無農薬栽培 駐車場のリンゴふじ の無農薬栽培
 
     28.5.15
 雨が手中からブドウ樹果実ともに守る
果樹保護袋 ゴミ袋サイズ
 屋上の王林が果樹保護袋に守られて
中で大きく成って居る
 摘果しないで自然任せ 大きくなってきた果樹保護袋に守られた新高梨  幼果が大きく育ってます
27.2.17植え替え大変
Fクリーン860さいず
直径109p底面積0.932u
投入26.8.8から
26.9.26 48日間×2g=生ゴミ96g 192g
     

梨には赤星病ハダニやアブラムシが繁殖しやすいとくにアブラムシはしつこい果樹保護袋が絶対必要
リンゴには新芽が出るとハダニ毛虫アブラムシなどが飛んでくる。交配のときから果樹保護袋で枝保護
柿は梨リンゴに比べて虫は付きにくいから栽培しやすい果樹保護袋販売のページ
  




 【 1.生ごみの発生処分    生ゴミの処理処分  】
      毎日、家庭から生ごみが発生する我が家の実績では二人家族で1週間にバケツ一杯14リットル
      重さは約5キロ前後、
      年間では平成29年総生ごみ154.6キロ 二人家族で154.6/365=0.423キロ/日2人で
      一人当たりなら0.211キロ/日人
 【 2.堆肥化の効果】
      この毎日発生する生ごみは大型植木鉢に入れて土で覆い、その上に野菜や果樹を植えて
      生ごみの生ゴミを堆肥として活用すると 堆肥としての恵みがおとずれる
 【 3.生ごみを処理する植木鉢】    
    植木鉢 とは大地 地植えでなく人間が栽培環境をコントロールできる物
    1.植木鉢とは根の環境を土と吸水状況をコントロール出来る容器
      野菜や果樹の成長に必要とする水と栄養は根から吸収する。この栄養には生ごみを活用
      して水は保水出来て中が見えるという。  この入れ物が透明植木根袋である
    2.植物の必要とする栄養は毎日捨てられている生ごみを土と混ぜて堆肥として活用する
      植物の必要とする水は給水しなければならないが成長期には水を吸えるだけ吸えるように
      滞納水に成るように根袋になっている。袋の中はどのようになっているかが確認出来るように
      透明袋となっている
    3.植物体が小さければ小さい容積でいいが成長により大きくなると大型植木鉢が必要になる
      大きくなっても大きくならなければ小さい植木鉢でよいがその限界は人力で移動できるかどうかの
      限界を切りの良い50リットル(1.5トン*0.05=75キロ)と考える
      容積50g以上(例 直径35p深さ52pで容積51g)の植木鉢をいう 
    4.野菜の栽培や花ならば小さい植木鉢で十分であるが樹木や果樹栽培では年々成長を続けて
      いくから盆栽のように成長を制限しない限り根の成長を許容する容積の大型植木鉢が必要になる
      これらの果樹や野菜を透明植木根袋型大型植木鉢では直径117センチ容積448リットルも制作
      可能であります
      植え替え成長を制限しない栽培では100g以上から300g程度大きいほどいい
      植木鉢の中の様子が確認出来るのが透明植木根袋型の植木鉢の特徴です
      植木鉢が透明であるために土の状態根の状態含水状態が把握できるのが特徴です
    5.昆虫の害
      植物の成長に伴ってみずみずしい緑には昆虫が群がってくる。すると昆虫による食害吸汁が発生する
      この昆虫との戦いを農薬であると農薬は自分も被害を被る
      昆虫との戦いには農薬以外を模索すべきであり、ビニールハウスやその一部が果樹保護袋である
      野菜などの小物につく昆虫に対しては生ゴミ堆肥化防虫透明植木根袋で試みようとしている
【 4.生ゴミの減量と資源化】  生ゴミの減量と資源化
     毎日の生ごみ植木鉢で処理処分例を各市町村全国に実現推進するためにはどうしたらよいか
     市民に生ゴミを活用する機会を多く作り生ゴミの価値のアップを図ることが必要で
     生ゴミを堆肥化して肥料とする生ゴミ堆肥化推進1案で処理する

 小さい植木鉢 から大きい植木鉢
       
 小さい植木鉢  182型   直径23センチ 容積14リットル    
らっきょらっきょのページに飛ぶ
   

228型  直径29センチ 容積22リットル
 
 大型植木鉢  直径57pの大型植木鉢180g

透明植木根袋450型
底面積0.258m2深さ71pで180g
2重重ね 価格1個17000円

底に水がたまると飛び出ているところに水が見えます
大型植木鉢に何を植えるか
果樹は年々大きくなります
大きな容積の大型植木鉢ほど永く栽培が
楽しめます
透明で植木鉢の中が見える大型植木鉢には
沢山の培養土は生ゴミを活用します
将来解体するのも容易です

生ゴミ堆肥化大型植木鉢
   
大型植木鉢に植えた富裕柿
下の写真は直径57p深さ71pの大型植木鉢180gです 
左1枚28.4.30撮影

30.6.15撮影 富有柿の実の鈴なり 生ごみ堆肥化の効果か
樹 富有柿を透明植木根袋で生ごみ活用しての有機栽培でおいしい柿をめざす
h27.11/7から27.12/29までの 53日間の生ゴミ46.2キロを土で埋めて180g
27.12.22なまごみの上に富有柿の木を植え周りにも生ごみを埋める 駐車場に450サイス180g
27/5の5月の土うめ土に
 
駐車場のブドウ藤稔を大型植木鉢に植えた
28.4.30撮影
下の写真は直径57p深さ71pの大型植木鉢180gです
 
29.4.26撮影雨後
ぶどう栽培は必ず害虫が飛んでくる
無農薬栽培でおいしいブドウを作りたい
そのために 28.1/2から28.3/3
60日間生ゴミ43.5kiro
土ともで180g 生ゴミの活用して生ゴミの有機肥料で丈夫な樹に育てたい
害虫に対しては果樹保護袋で虫を近づけない
 

   450型直径57pの大型植木鉢
底面積0.258m2深さ71pで184g
   
   600型直径76pの大型植木鉢
底面積0.459m2深さ62pで283g
   


生ゴミ堆肥化大型植木鉢  底なしタイプ 大根も育てられる深さ 多段重ねも出来る大型植木鉢
1.庭土を篩い分けた覆い土を用意します
2.覆い土を底に敷き均し植木鉢の底を作ります
3.毎日発生する生ゴミを投入して、その上に覆い土します
4.65gの半分32g生ゴミ33g覆い土で埋め込み
  生ゴミ1日1g発生なら33日で一杯
5.一杯に成ったら上土に種や苗を植えます
6.庭や畑に並べて作物作りを楽しみましょう
直径40p高さ52p
容積65gの大型植木鉢
ちょっと小さいな
生ゴミ1日1g発生なら33日で一杯 今なら製造直売1個2000円から販売
直径50p高さ52p
容積102gの大型植木鉢
生ゴミ1日2g発生なら26日で一杯今なら製造直売1個3000円から販売
直径60p高さ52p
容積146gの大型植木鉢
生ゴミ1日3g発生なら23日で一杯今なら製造直売1個4000円から販売
直径70p高さ52p
容積202gの大型植木鉢
生ゴミ1日4g発生なら25日で一杯今なら製造直売1個5000円から販売


 
 注文、問い合わせ意見 メールはここから

 窓の断熱性能アップに
 窓断熱エコ障子

窓断熱エコ障子のページ

特許公開 組立解体型で検索

特許公開 透明植木根袋で検索

特許公開 果樹保護袋で検索

特許公開 断熱エコ障子で検索
透明植木根袋型大型植木鉢
果樹栽培.の無農薬栽培の頁

野菜の栽培

果樹保護袋販売のページ

「特定商取引に関する法律」に基づく表示

特許公開 断熱エコ障子で検索


リンクの頁

谷口植木鉢店
рO72−291−6323 FAXも同じ番号です
所在地 大阪府堺市南区高倉台2丁33−18
〒590−0117