吉岡生夫のプロフィール
                                          

仏紀二四九四年、徳島県に生まれる。卯年。                                 
                                                      

                                                    
  さればこそ月に草食獣がをり


                          吉岡生夫

                                                       


(坪内稔典・選『一億人のための辞世の句』蝸牛社・1997年)

                                                  

詩は志なる由を書いたる句を見せつ死も亦詩なり史はさらに詩ぞ
                                    塚本邦雄歌集『詞歌芳名帖』(書肆季節社・1990年)


参考図書/嶋岡晨著『秀歌新選』(飯塚書店・1983年)/三枝昴之編『戦後派歌人の総展望 処女歌集の風景』(ながらみ書房・1987年)/恂{邦雄『現代百花園』(花曜社・1990年)/田島邦彦編『この歌集この一首 現代短歌のディテール』(ながらみ書房・1991年)/村野幸紀『歌びとたち』(邑書林・1998年)/馬場あき子著『うたの歳時記 はるかな父へ』(小学館・1999年)/小池光・今野寿美・山田富士郎編『現代短歌100人20首』(邑書林・2001年)/北村薫著『詩歌の待ち伏せ 下』(文藝春秋・2003年→文春文庫・2006年)/小島ゆかり著『うたの観覧車』(柊書房・2003年)/坪内稔典監修『くもんの短歌カード』(くもん出版・2005年)/徳島県立近代美術館編『コレクション+αで楽しむシリーズ 文学「美術を《よむ》」』(徳島県立近代美術館・2005年)/「短歌現代」7月号別冊『大正昭和の歌集』(短歌新聞社・2005年)/日本近代文学館編、中村稔・馬場あき子責任編集『恋うたの現在』(角川書店・2006年)/黒瀬珂瀾著『街角の歌 365日短歌入門シリーズ』(ふらんす堂・2008年)/川合千鶴子著『一首に想う』(短歌新聞社・2008年)/小高賢編著『現代の歌人140』(新書館・2009年)/沖ななも著『季節の楽章 短歌で楽しむ24節気』(本阿弥書店・2012年)/岡部史著『お菓子のうた 甘味の文化誌』(ブイツーソリューション・2012年)/梅内美華子著『現代歌枕 歌が生まれる場所』(NHK出版・2013年)/北村薫著『うた合わせ 北村薫の百人一首』(新潮社・2016年)


篠弘・馬場あき子・佐佐木幸綱監修『現代短歌大事典』(三省堂・2000年)より人名項目「吉岡生夫」
吉岡生夫(よしおか・いくお)一九五一・四・八〜
《略歴》徳島県川島町生まれ。龍谷大学文学部卒。一九七0(昭45)年、「短歌人」入会(後、同人)。八七年から九五年まで、同誌編集委員。この間、同人誌「十弦」に参加。九三年、同人誌「鱧と水仙」の創刊に参加。
《作風》第一歌集『草食獣』から一貫して、感覚の鋭さや美学を頼りとしない作風を守っている。平明な用語と文体とによって、ごくありふれた市井人としての自己を描きながら、作品の背後には「ふつうの人」に寄せる同胞意識と自虐的なまなざしとが混在し、ほのかな哀愁が漂っている。
《歌集・歌書》歌集に、『草食獣』(七九・七 短歌新聞社)、『続草食獣』(八三・一二 同前)、『草食獣勇怯篇』(八八・九 同前)、『草食獣第四篇』(九二・九 和泉書院)、『草食獣第五篇』(九八・三 柊書房)がある。評論集に、『草食獣への手紙』(九二・九 和泉書院)がある。
《代表歌鑑賞》
  ポケットよりやをらをとこの取り出しぬ位牌のやうな携帯電話               (『草食獣第五篇』)
□携帯電話のもつ機能や使われ方ではなく、形状と大きさに焦点を合わせた作品。携帯電話を位牌のようだとみるところに、独特の視線の定め方がある。そのまなざしによって、物体が自己の存在を語り始める。[武下奈々子]

浦西和彦・堀部功・増田周子『四国近代文学事典』(和泉書院・2006年)より人名項目「吉岡生夫」
吉岡生夫(よしおか・いくお)
昭和二十六年四月八日〜。歌人。徳島県麻植郡川島町(現吉野市)に生まれる。地方公務員。昭和四十五年「短歌人」に入会、のち同人。「十弦」「鱧と水仙」創刊に参加。歌集『草食獣』(昭和54年7月10日、短歌新聞社)、『続草食獣』(昭和58年12月25日、短歌新聞社)、『草食獣勇怯篇』(昭和63年9月14日、短歌新聞社)、『草食獣第四篇』(平成4年9月30日、和泉書院)、『吉岡生夫集』(平成15年8月10日、邑書林)。評論集『草食獣への手紙』(平成4年9月30日、和泉書院)、『辞世の風景』(平成15年2月10日、和泉書院)。
 ふるさとは四国三郎吉野川手に金剛の杖あるぞかし
 七ケタの「ぽすたるガイド」徳島に七福神の棲むてふ噂      [浦西和彦]        


社団法人 日本文藝家協会会員(平成19年入会)
現代歌人協会会員(昭和62年入会)
大阪歌人クラブ会員(平成16年4月再入会。16年より理事。平成29年より常任理事)
芸術文化団体半どんの会会員(平成15年入会)
日本現代詩歌文学館振興会評議員(平成20年4月15日〜平成32年3月31日)
2016年、2017年「第7回、第8回角川全国短歌大賞」兵庫県選者

□平成14年度芸術文化団体半どんの会文化賞(現代芸術賞)受賞


【備忘録】
*平成15年 4月 近鉄文化サロン枚方講師(短歌教室。平成24年2月迄)
*平成15年10月 近鉄文化サロン京都講師(短歌教室。平成18年12月迄)
*平成19年 4月 NHK大阪文化センター講師(講座「辞世の風景」。平成19年9月迄)
*平成18年 4月 近鉄文化サロン奈良講師(短歌教室。平成20年3月迄)

兵庫県歌人クラブ会員(平成16年入会。17年度より副代表、23・24年度の代表を務める)。平成27年、退会。
現代歌人集会会員(昭和55年入会、平成28年退会)

平成16年5月29日、現代歌人協会主催「フェスティバルin名古屋」(愛知淑徳大学記念講堂)にパネリストとして参加する。
平成16年7月30日〜8月2日、台湾・台北市内で開催された「短歌人」通巻750号記念夏季全国集会に参加する。
平成17年11月9日、徳島県立近代美術館で開催された「コレクション+αで楽しむシリーズ「文学『美術を《よむ》』」展を見る。
平成18年6月19日、日本近代文学館で催された「恋うたの現在」展を見る。
平成19年8月30日、姫路文学館で再び「恋うたの現在」展を見る。

半どんの会とは?
「この会は兵庫県下に在住もしくは兵庫県にかかわりのある芸術家と、芸術を愛好し、芸術文化の普及向上に理解をもつ人々による、会員相互の親睦と、郷土芸術文化の交流と振興に寄与することを目的とする」(会則第三条)団体です。


アクセスカウンター