ホームへ       サンプルページ   パスワード 8 password8.html (デモ起動ファイル)

ユーザー名 + パスワードでログイン、指定ホルダー・ページにアクセス可能にする。   高機密。   条件 : WebサーバーがNCSA httpd や Apacheであり、 .htaccess が使える。   パスワードの暗号化に、AN HTTPD  などを使用。カスタマイズはテキストエディターなどで。      コピー、編集し、簡単にWebで応用できまっ、(^ ^)。     関連・詳細情報 : 5.Password Sampleパスワードでアクセス制限

デモは、浜辺(画像)や、指定ホルダー login/login ) にアクセス、ユーザー名: wholly、パスワード : kawa のタイプインでログイン、index.html(初期表示用ファイル) を表示させる。    ※:ログインは、ブラウザー起動中は有効中。   ユーザー名: kitty、パスワード : hello でも。

 

< ご使用方法 >

(0) 次のように、テキストファイル、.htppasswd と、.htaccess、index.html(内容は自由)  を作成し、指定のホルダー( login など)に転送します。    ※: .htpasswd でも可。

(1) 次のように、 AN HTTPD  などを使用し、暗号化されたパスワードを準備します。   ※:Online Tools: .htaccess Password Generatorでも、簡単に作成できます。

1) httpd142m.zip(1,105,321 bytes) をダウンロード、解凍、作成された httpd.exe をクリック、起動します。  タスクバーにアイコンが作成される。
 2) アイコンを右クリックします。  オプション一般、をクリックします。
 3) 【オプション一般 - 設定名】-[ユーザー認証] タブを選択します。  ユーザ/パスワード - [追加] をクリックします。
 4) 【ユーザ/パスワード】-ユーザ名 :  wholly、 パスワード : kawa をタイプイン、※:****が表示、[OK]    ※:(例)、半角小文字
 5) ユーザ/パスワード  wholly:Mc67j4rNEnjiQ  を獲得します。   ※:(例)、13桁、半角、暗号化文字列は、作成の度に異なる。
 

(2) テキストファイル .htppasswd を作成します。
htppasswd.txt を作成し、(5)でWebサーバーにFTP後に、ファイル名を .htppasswd に変更します。

テキストファイルの編集方法   テキストエディターで開き、太字部分を 自由に編集し使用。
〔この列ペースト不要〕 )

ユーザー名 暗号化されたパスワード(複数可)

 

 

wholly:7fcw4zUWCjLaA
kitty:EDc5SQjCZfZzU

 

・ 次のように、TELNET を使った、.htppasswd の作成方法 でも、同じ。1) 作成ホルダー(ディレクトリー)で、以下のコマンドを実行します。
        htpasswd  -c  .htpasswd  wholly  (例)
  2) 2回のパスワードを要求に応じて、パスワード:kawa をタイプインします。  (例)
  3) .htpasswd に、 ユーザー:wholly の パスワード:yama が暗号化され保存されます。
  4) ユーザーの追加は、 htpasswd   .htpasswd  kitty などで、(例) ※: ユーザー追加は、-c をタイプインしない。
  5) 複数ユーザーのケースは、 .htaccess の require 行は、次の(例)のように記述します。
     require user wholly
    
require user kitty   6) FTPで、.htpasswdのファイル名を、.htppasswd に変更。

(3) テキストファイル .htaccess を作成します。
htaccess.txt を作成し、(5)でWebサーバーにFTP後に、ファイル名を .htaccess に変更します。

  テキストファイルの編集方法 テキストエディターで開き、下記↓の太字部分を自由に編集し使用。
  〔この列ペースト不要〕

 

.htppasswd ファイルの絶対パス
xxxx 
ユーザーID
login 
指定ホルダー
ユーザー名

 

AuthType Basic
AuthName "Member Only"
AuthUserFile /so-net/home/xxxx/public_html/login/.htppasswd
<LIMIT GET>
require user wholly
require user kitty
</LIMIT>
 

     ※1: .htppasswdをより安全なホルダーに置く(FTP)には、/so-net/home/xxxx/public_html/login/.htppasswd部分を、/so-net/home/xxxx/.htppasswdに変える。

 

(4) ホルダー login を作成、/so-net/home/xxxx/public_html/loginなどにFTP、配置します。

(5) (4)のホルダー login  中に、htppasswd.txt と、htaccess.txt、index.htmlをFTPします。   ファイル名を .htppasswd と、.htaccess に変更します。   ”※1”のケースは、該当先にFTP。
   ※:htppasswd.txt と、htaccess.txt、index.htmlを納めたホルダーlogin のFTPても同じ。

(6) 動作確認は、浜辺(画像)や、指定ホルダー login/(login) にアクセス、ユーザー名: wholly、パスワード : kawa のタイプインでログイン、表示させる。    ※:ログインは、ブラウザー起動中は有効中。

(7) この .htaccess と同じホルダーに置いた全ファイル〔login/xxxx.html、〃.jpg、〃.txt、〃.xml、……、など〕へのアクセスに、ログイン 〔ユーザー名、パスワード〕が要求されます。  ユーザー名 + パスワードは、(例)のように複数設定可。   ※:このサンプル(例)のように、ユーザー名 + パスワードを公開してはなりませぬ。

 

 

< 補足 >    適時参照あれ!。

・ Wordpad によるHTMLソース(タグ)を見ながらの直接編集方法。