ログイン成功!

パスワードテストページ。

 

 

ホーム へ       サンプルページ  画像切り替え 6 kittyqol.html

タイマーで画像を切り替え表示。   滲み(フェードアウト)効果。(≠NN4.x)      DHTML。      画像、切り替え時間などのカスタマイズはテキストエディターなどで可。    IE6.x〜、NN4.x〜、Netscape6.x〜 対応。      コピー、編集し、簡単にWebで応用できまっ、(^ ^)。

 

< ご使用方法 >

・ ローカル(=PC)への保存は、kittyqol.html を右クリック、[対象をファイルに保存] - 【ファイルのダウンロード】、【ファイル名を付けて保存】 - <保存する場所>: ……、などで。    ※: 【Internet Explorer】 - [ファイル] - [名前を付けて保存]−[ファイルの種類] ”Webページ、完全” ……、などで変わってしまったファイル名や、*.html 中のパスは要修正。

・ このDHTMLの実装方法は、kittyqol.html をテキストエディターで開き、ホームページ作成ソフトなどのHTML挿入/編集メニューなどを使って、新しいページ 1 や hogehoge.html(=任意の挿入先ファイル名) の、<head> 〜</head> の任意の行間に (*1) を、さらに<body> 〜</body> の任意の行間に (*2) をペーストします。

・ 編集方法は、hogehoge.html をWordPad や SmipleText などのテキストエディター、あるいはホームページ制作ソフトのHTMLタグ挿入/編集メニュー で開き編集します。    下記の(例) (*1) と、 (*2) を参考に太字部分の編集を任意に行います。    画像の表示サイズ を揃えると、前画像のはみ出しがない。       ※: テキストエディターによる編集は、HP制作ソフトとの互換性の問題を生じません(HP制作ソフト間は少し生じる)。

 ・ 作動テストは、ローカル(PC)に保存し、 Internet Explorer 6.x〜 などで開いて。    更新の確認は、ie、Netscapeやサーバーからのキャッシュデーター更新を、目的のページを表示し ieで [F5]キー を押し最新データ読み込みで行います(≠再アクセス)。   Netscapeは、Ctrl+Rキーで。

・ アップロードや作動テストは、hogehoge.html と同じ階層〔ホルダー/ディレクトリー〕に、使用する画像なども転送/配置し実施。  ※:別ディレクトリーに配置時は、*.html 中のパスは要修正。   FTPなどで変わったファイル名は要修正。    スクリプト構文中への改行混入は非作動原因。

 ・ 関連情報 : 色記号62スタイルシートリファレンスホームページ開設入門が便利!。   Web DevelopmentWeb開発MSDN IE8 HTMLとCSS

 

(*1) kittyqol.html (例)        挿入先の  <head> 〜 </head>の、部分にペーストします。

HTMLの編集方法   (*1) をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕

シフトJIS使用(削除不可)

ieなどに表示するアイコンファイル名(削除可)

 

<style type 〜</style>は(削除可)

マウスオーバー時のテキスト  背景色 下線非表示

 

非マウスオーバー時の下線表示(逆も可)

 

リンクを新しいWinで開くを標準(削除可)※:target= いろいろ

同じフレーム target="_self"
ページ全体  target="_top"
親フレーム  target="_parent"

お気に入り、タスクバーに表示するページ名(≠ファイル名)

 

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">

<link REL="SHORTCUT ICON" href="favicon.ico">

 

<style type="text/css"><!-- A:hover {

COLOR: #8000e2; BACKGROUND-COLOR: #f3edee; TEXT-DECORATION: none

}

A {

TEXT-DECORATION: underline

}

-->

</style>

 

<base target="_blank">

<title>サンプルページ  画像切り替え6</title>

 

 

(*2) kittyqol.html (例)        挿入先の  <body> 〜 </body> の、 部分にペーストします。

HTMLの編集方法   (*2)をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕

※:<body> 部の編集 背景 リンク 表示済みリンクンク アクティブリンクの各色(任意値)

左配置

 

 

 

 

画像表示幅

画像表示高さ

切り替え時間(ms)

 

 

連番 画像のファイル名(同ホルダーに配置時) or URL(任意値)

 

 

以下、同様に画像数の変更可。)

 

<body bgcolor="#F8F5F5" link="#54006C" vlink="#62000D" alink="#00FFFF">

 

<p align="left">

<!--webbot bot="HTMLMarkup" startspan -->

<script language="JavaScript1.2">

//Fade-in image slideshow- By Dynamic Drive

//For full source code and more DHTML scripts, visit http://www.dynamicdrive.com

//This credit MUST stay intact for use

var slideshow_width=114 //SET IMAGE WIDTH

var slideshow_height=74 //SET IMAGE HEIGHT

var pause=3000 //SET PAUSE BETWEEN SLIDE (3000=3 seconds)

var fadeimages=new Array()

//SET IMAGE PATHS. Extend or contract array as needed

fadeimages[0]="xxxx.gif"

fadeimages[1]="http://www./……/xxxx.jpg"

fadeimages[2]="http://www./……/xxxx2.jpg"

fadeimages[3]="http://www./……/xxxxx.jpg"

fadeimages[4]="http://www./……/xxxxx.gif"

====  この間、説明を省略。  ====

////NO need to edit beyond here/////////////

====  この間、説明を省略。  ====

var preloadedimages=new Array()

else

setInterval("rotateimage()",pause)

</script>

<!--webbot bot="HTMLMarkup" endspan --></p>

 

 

 

< 補足 >    適時参照あれ!。

・ Wordpad によるHTMLソース(タグ)を見ながらの直接編集方法。