・ 緯度/経度 :
    ・ 住所 :
    ・ ズーム :

 

ホーム へ       サンプルページ  グーグルマップ 3e  google_map3e.htm

ターゲット地点をダブルクリック、または住所をタイプイン後にマーキング。  作成マーカーのクリックでも取得値を表示。     Google Maps JavaScript API V3、DHTML。       表示サイズや初期表示ポイントなどのカスタマイズはテキストエディターなどで可。    all 対応。     コピー、編集し、簡単にWebで応用できまっ、(^ ^)。

関連情報 :

デモは、ターゲット地点をダブルクリック、または住所をタイプイン後に、それぞれマーキング。  作成した複数のマーカーのクリックでも取得値を表示。  “地図・地形・航空写真”の選などを!。

 

 

< ご使用方法 >

 ・ ローカル(=PC)への保存は、google_map/をクリック開いたホルダーで、google_map3e.htm を右クリック、[対象をファイルに保存] - 【ファイルのダウンロード】、【ファイル名を付けて保存】 - <保存する場所>: ……、などで。    ※:  変わってしまった、ファイル名や、*.html 中のパスは要修正。

 ・ このDHTMLの実装方法は、google_map3e.htm をテキストエディターで開き、ホームページ作成ソフトなどのHTML挿入/編集メニューなどを使って、新しいページ 1 や hogehoge.html(=任意の挿入先ファイル名) の、 <head> 〜 </head> の任意の行間に (*1)を、さらに <body> 〜 </body>の任意の行間に (*2) をペーストします。

 ・ 編集方法は、hogehoge.html を WordPad や SmipleTextなどのテキストエディター、あるいは ”FrontPage Express” などのホームページ制作ソフトのHTMLタグ挿入/編集メニュー で開き編集します。    下記の(例) (*1) と、(*2) を参考に太字部分の編集を任意に行います。   ※: テキストエディターによる編集は、HP制作ソフトとの互換性の問題を生じません(HP制作ソフト間は少し生じる)。

 ・ 作動テストは、ローカル(PC)に保存し、 Internet Explorer 8.x〜 などで開いて。    更新の確認は [F5]キー を押し、サーバーやブラウザーのキャッシュクリアー、最新データ読み込み(≠再アクセス)で行います。

 ・ アップロードや作動テストは、hogehoge.html と同じ階層〔ホルダー/ディレクトリー〕に、使用する背景画像なども転送/配置し実施。  ※:別ディレクトリーに配置時は、*.html 中のパスは要修正。   FTPなどで変わっ てしまったファイル名は要修正。    スクリプト構文中への改行混入は非作動原因。

 ・ 関連情報 :色記号5〃6スタイルシートリファレンスホームページ開設入門が便利!。   Web DevelopmentWeb開発MSDN IE8 HTMLとCSS開発ツールでサイトを修正スクリプト デバッグの概要HTMLとCSSのサポートCSSの改良点IE7IE6XMLDHTML

 

(*1) : google_map3e.htm (例)         挿入先の  <head> 〜 </head> の、 部分にペーストします。

 HTMLの編集方法   (*1) をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕   

シフトJIS使用(削除不可)

ieなどに表示するアイコンファイル名(削除可)

<style type= </style>は(削除可)
(*1)〜(*3)表タイトル背景

body 文字色 背景色 下線
ハイパーリンク 〃
表示済みの〃
マウスオーバー時の〃
クリック中の〃
フォント

リンクを新しいWinで開くを標準(削除可)※:target= いろいろ
同じフレーム=_self、ページ全体=_top、親フレーム=_parent
お気に入り、タスクバーに表示するページ名(≠ファイル名)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予め場所を指定した、デフォルト(例)の緯度・経度 Google Map3b などで獲得。

ズーム

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">

<link REL="SHORTCUT ICON" href="favicon.ico">

<style type="text/css"><!--
.xxx0 { background: #F9F8F9 url('wttec.gif'); }
.xxx1 { background-color:#E3E0DC; }
.xxx2 { background-color:#FFF; }
body { color:#000000; background: #F9F8F9 url('wttec.gif'); text-decoration:none; }
a:link { color:#3C0055; background-color:#FBFAFE; text-decoration:none; }
a:visited { color:#270037; background-color:#EDECEF; text-decoration:none; }
a:hover { color:#1F002E; background-color:#D2F3F4; text-decoration:underline; }
a:active { color:#1F002E; background-color:#F5FFD2; text-decoration:underline; }
font {font-size:12px; line-height:13px;}
body,tr,td,form{ font-family:MS PGothic,MS Gothic,Verdana; font-size: 12px}
 --></style>

<base target="_blank">

<title>サンプルページ  グーグルマップ 3e</title>

<!-- ☆ ----------- ↓ この間をコピー&ペーストします。 ------------ -->
<style type="text/css">
div#map {
position: relative;
}

div#crosshair {
position: absolute;
top: 192px;
height: 19px;
width: 19px;
left: 50%;
margin-left: -8px;
display: block;
background: url(crosshair.gif);
background-position: center center;
background-repeat: no-repeat;
}
</style>
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
<script type="text/javascript">
var map;
var geocoder;
var centerChangedLast;
var reverseGeocodedLast;
var currentReverseGeocodeResponse;

function initialize() {
var latlng = new google.maps.LatLng(35.684629256068085,139.75261688232422);
var myOptions = {
zoom: 12,
center: latlng,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};

====  この間、説明を省略。 ====

});
}

</script>
<!-- ☆ ---------- ↑ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->
</head>

 

(*2) : google_map3e.htm (例)        挿入先の  <body> 〜 </body> の、 部分にペーストします。

 HTMLの編集方法   (*2)をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕

 

 

 

 

 

マップ表示幅 高さ

 


<body onload="initialize()">
<!-- ★ ----↑の onload="initialize()" と、 ↓ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->
住所 : <input type="text" id="address"/><input type="button" value="検索" onclick="geocode()">  <input type="button" value="センターマーカー表示" onclick="addMarkerAtCenter()"/>
<table>
<tr><td>・ 緯度/経度 : </td><td><div id="latlng"> </div> </td>
<td>  </td>
<td> ・ 住所 :</td> <td><div id="formatedAddress"> </div> </td> 
<td>  </td>
<td> ・ ズーム :</td> <td><div id="zoom_level">12 </div> </td></tr>
</table>
<div id="map">
<div id="map_canvas" style="width:100%; height:800px"></div>
<div id="crosshair"></div>
</div>
<!-- ★ ---------- ↑ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->
 

====  この間、説明を省略。   任意HTMLを記述。 ====

 

< 補足 >    適時参照あれ!。

 ・ Wordpad によるHTMLソース(タグ)を見ながらの直接編集方法。