ホーム へ       サンプルページ  時計 a2  clocka2.htm

年、月、日、曜日、時、分、秒、am/pm を表示(年、月、日文字無し)。    凹罫線枠、配置、テキスト・フォント、背景画像の指定(例)。     DHTML。     などのカスタマイズはテキストエディターなどで可。    all 対応。     コピー、編集し、簡単にWebで応用できまっ、(^ ^)。

デモは、表示中 サ。

 

< ご使用方法 >

 ・ ローカル(=PC)への保存は、clocka2.htm を右クリック、[対象をファイルに保存] - 【ファイルのダウンロード】、【ファイル名を付けて保存】 - <保存する場所>: ……、などで。    ※:  変わってしまった、ファイル名や、*.html 中のパスは要修正。

 ・ このDHTMLの実装方法は、♪ をテキストエディターで開き、ホームページ作成ソフトなどのHTML挿入/編集メニューなどを使って、新しいページ 1 や hogehoge.html(=任意の挿入先ファイル名) の、 <head> 〜 </head> の任意の行間に (*1)を、さらに <body> 〜 </body>の任意の行間に (*2) をペーストします。

 ・ 編集方法は、hogehoge.html を WordPad や SmipleTextなどのテキストエディター、あるいは ”FrontPage Express” などのホームページ制作ソフトのHTMLタグ挿入/編集メニュー で開き編集します。    下記の(例) (*1) と、(*2)(*3) を参考に太字部分の編集を任意に行います。      ※: テキストエディターによる編集は、HP制作ソフトとの互換性の問題を生じません(HP制作ソフト間は少し生じる)。

 ・ 作動テストは、ローカル(PC)に保存し、 Internet Explorer 10.x〜 などで開いて。     更新の確認は、[F5]キー を押し、最新データ読み込み、で。    あるいは、Internet Explorerを全て閉じ、再起動を行い、閲覧履歴の削除後や、【Internet Explorer】- [ツール] - [インターネット オプション] - [閲覧の履歴] - [削除] などでも。

 ・ アップロードや作動テストは、hogehoge.html と同じ階層〔ホルダー/ディレクトリー〕に、使用する画像、*.js、*.css なども転送/配置し実施。  ※:別ディレクトリーに配置時は、*.html 中のパスは要修正。   FTPなどで変わってしまったファイル名は要修正。    スクリプト構文中への改行混入は非作動原因。

 ・ 関連情報 : 色記号5〃6スタイルシートリファレンスホームページ開設入門。   Web DevelopmentWeb開発IE10 互換性クックブック〃開発者向けガイド、IE API リファレンスIE 開発 > HTMLとCSS開発ツールでサイトを修正スクリプト デバッグの概要HTMLとCSSのサポートCSSの改良点XML〃リファレンスDHTML

(*1) clocka2.htm (例)        挿入先の  <head> 〜 </head>の、部分にペーストします。

HTMLの編集方法   (*1) をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕

シフトJIS使用(削除不可)

ieなどに表示するアイコンファイル名(削除可)

<style type= </style>は(削除可)
(*1)〜(*3)表タイトル背景
body 文字色 背景色 下線
ハイパーリンク 〃
表示済みの〃
マウスオーバー時の〃
クリック中の〃
フォント

リンクを新しいWinで開くを標準(削除可)※:target= いろいろ
同じフレーム target="_self"
ページ全体  target="_top"
親フレーム  target="_parent"
お気に入り、タスクバーに表示するページ名(≠ファイル名)

 

英語可
英語可

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

テキストサイズ 〃色 フォント(削除可)(削除可)

 

 

 

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">

<link REL="SHORTCUT ICON" href="faviconj.ico">
<style type="text/css"><!--
.xxx0 { background: #F9F8F9 url('wttec.gif'); }
.xxx1 { background-color:#E3E0DC; }
.xxx2 { background-color:#FFFFFF; }
body { color:#000000; background: #F9F8F9 url('wttec.gif'); text-decoration:none; }
a:link { color:#3C0055; background-color:#FBFAFE; text-decoration:none; }
a:visited { color:#270037; background-color:#EDECEF; text-decoration:none; }
a:hover { color:#1F002E; background-color:#D2F3F4; text-decoration:underline; }
a:active { color:#1F002E; background-color:#F5FFD2; text-decoration:underline; }
font {font-size:12px;line-height:13px;}
body,tr,td,form{ font-family:MS PGothic,MS Gothic,Verdana; font-size: 12px}
--></style>
</style>

<base target="_blank">
<title>サンプルページ  時計a2</title>

<!-- ☆ ---------- ↓ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->
<script>
/*
Live Date Script- ゥ Dynamic Drive (www.dynamicdrive.com) For full source code, installation instructions, 100's more DHTML scripts, and Terms Of Use, visit http://www.dynamicdrive.com */
var dayarray=new Array("日","月","火","水","木","金","土")
var montharray=new Array("1","2","3","4","5","6","7","8","9","10","11","12")

function getthedate(){
var mydate=new Date()
var year=mydate.getYear()
if (year < 1000)
year+=1900
var day=mydate.getDay()
var month=mydate.getMonth()
var daym=mydate.getDate()
if (daym<10)
daym="0"+daym
var hours=mydate.getHours()
var minutes=mydate.getMinutes()
var seconds=mydate.getSeconds()
var dn="am"
if (hours>=12)
dn="pm"
if (hours>12){
hours=hours-12
}
if (hours==0)
hours=12
if (minutes<=9)
minutes="0"+minutes
if (seconds<=9)
seconds="0"+seconds
//change font size here
var cdate="<font color='#21006C' face='Lucida Console'>"+year+"-"+montharray[month]+"-"+daym+" "+dayarray[day]+" "+hours+":"+minutes+":"+seconds+""+dn+"</font>"
if (document.all)
document.all.clock.innerHTML=cdate
else if (document.getElementById)
document.getElementById("clock").innerHTML=cdate
else
document.write(cdate)
}
if (!document.all&&!document.getElementById)
getthedate()
function goforit(){
if (document.all||document.getElementById)
setInterval("getthedate()",1000)
}
</script>
<!-- ☆ ---------- ↑ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->

 

 

(*2) clocka2.htm (例)        挿入先の  <body> 〜 </body> の、 部分にペーストします。

HTMLの編集方法   (*2)をテキストエディターで開き、下記↓のHTMLを挿入先ファイルにペースト、太字部分を編集し使用。
〔この列ペースト不要〕

※:<body> 部の編集 スクリプト  


配置 
幅 高さ 凹線 罫線色 内余白 フォント 〃サイズ 背景色  テキスト色 背景画像

 

 

<body onLoad="goforit()">
<!-- ★ ↑  onLoad="goforit()" と、↓ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->

<!--webbot bot="HTMLMarkup" startspan -->
<div style="position:ABSOLUTE; left:315; top:10; width:187; height:14; border-style:inset; border-width:1; border-color:#C1BAD1; padding-left:0; padding-right:2; padding-top:1; padding-bottom:1";><span id="xxx1" style="font-family:MS PGothic; font-size: 11px; font-weight:normal;background-color:#CECCD6;;color:#110025;5background-image: url('http://xml-xsl.sakura.ne.jp/30tbwh1_r.gif')">&nbsp;<span id="clock"></span>  </span></div><!--webbot bot="HTMLMarkup" endspan -->
<!-- ★ ---------- ↑ この間をコピー、編集、ペーストします。 ---------- -->
 

 

< 補足 >    適時参照あれ!。

・ Wordpad によるHTMLソース(タグ)を見ながらの直接編集方法。