日本理論心理学会第65回大会

 

会 場高知大学教育学部 (朝倉キャンパス)

ごあいさつ

大会委員長 准教授 加藤 誠之   
                  

 

このたびは、伝統ある日本理論心理学会の年次大会を高知大学教育学部で開催させていただき,たいへん光栄に存じております。本学は旧制高知高等学校等を母体として、1949(昭和24)年に新制大学として発足しました。本学の男子学生自治寮・南溟寮の寮歌「豪気節」に「南の御国は土佐の国/革命と自由の生まれし地」と歌われているとおり、自由民権運動の精神を今日に引き継ぐことを誇りにしております。また、月の名所桂浜・最後の清流四万十川など豊かな自然にも恵まれております。
 今回の大会では、理事会企画によるシンポジウム「罰(虐待、体罰、暴力、いじめなど)なき社会の可能性をめぐって ~身近な生活や社会安全を具現するための取り組みとして~」・「媒介変数として人を介する説明・予測・制御」、大会準備委員会企画によるシンポジウム「作文教育と心理学」が行われます。会員の皆様におかれましては、ぜひ高知までお越しいただき、活発な御参加・御発表を賜れればたいへんありがたく存じます。大会での活発な議論と意見交換ができますようどうかよろしくお願いします。





日 程 :2019年10月19日(土)~20日(日)

 

     1日 10月19日(土)

        受 付 開 始     900

        個 人 発 表     9:30 11 30

     
  総        会    13:00~13:50


        公開 シンポジウム 14:00~17:00

        懇  親   会    1730 ~19:30

         

 

     第2日10月20日(日)

        受 付 開 始    900~

        個 人 発 表    930 10:50

        シンポジウムⅠ(非公開)  12:00~14:20

    シンポジウムⅡ(非公開)  14:30~16:50

 

 

● 公開シンポジウム: 10月19日(土) 14:30 ~ 17:30

テーマ  作文教育と心理学

 
 企画 ・ 司会 加藤誠之(高知大学、第65回大会委員長)
  話題提供者  船越克真氏(船越教育相談室,元法務教官)
          「少年院での作文教育の立場から(仮)」
          山沖幸喜(大方あかつき館、元高知県立小学校教諭)
          「小学校作文教育の立場から(仮)」
          藤田毅氏(私立太平洋学園高等学校)
          「作文を含む特色ある教育の立場から(仮)

    

● シンポジウムⅠ(非公開): 10月20日(日) 12:00 ~ 14:20

テーマ  罰(虐待、体罰、暴力、いじめ、など)なき社会の
  可能性をめぐって ~身近な生活や社会安全を具現するための
  取り組みとして~
 
企 画 者  日本理論心理学会理事会企画
         西川泰夫(上智大学名誉教授、理事)
         江川玟成(東京学芸大学名誉教授、理事長))
 企画説明  西川泰夫(前掲)
 話題提供者   西川泰夫(前掲)
             「人間システム安全 ~不確定・ランダム要素としての人~」
           江川玟成(前掲)
            「攻撃行動の規定要因の比較と罰の効果について」
           山崎久美子(防衛医科大学校医学教育部准教授、
               元東京医科歯科大学教授・元早稲田大学教授)
            「心理臨床の現場からみた暴力・攻撃性の諸問題」

      

●シンポジウムⅡ(非公開): 10月20日(日) 14:30 ~ 16:50
(理事会企画」)
テーマ  媒介変数として人を介する説明・予測・制御

 
企画 ・ 司会  繁桝算男(慶應義塾大学、副理事長)
 話題提供者  渡邉茂(慶應義塾大学)
           「独立変数としての心、従属変数としての心」
          高田孝二(帝京大学)
           「嗜好~習慣~依存・嗜癖」
          繁桝算男(前掲)
           「潜在変数(e.g.因子得点)は、何を説明するか?」



● 個 人 発 表 :10月19日()20日(日)
  発表時間25分、質疑応答15分程度を予定しております。

  10月19日(土曜日)

10月20日(日曜日)


● 懇 親 会 :10月19日(土)1800~20:00
 ・ 学内生協食堂を予定しています。
・ 参加希望の方は予約が必要ですので、参加申込書の指定欄に記入の上、懇親会費5,000円をお振込下さい。


● 参 加 費(名誉会員は無料、懇親会費のみお振り込み下さい)

事前振込み

当 日 納 入

シンポジウム

会員(一般)

  (院生)

 4,500円

1,500円

,000円

,000円

非会員(一般)

    (学生)

,000円

,000円

一部のシンポジウム
参加は有料

金額未定
 


・ 懇親会費:5,000円
・ 弁当代:1,000円
 
大会要旨集別途購入費 : 1,000円/1部 (送料込み)
        (大会参加者参には1部配布いたします)

 

         

● 大会準備委員会

        加藤 誠之(高知大学教育学部准教授)
     

    大会事務局  

〒780-8520 高知市曙町2-5-1
   

   高知大学教育学部 加藤誠之研究室内


   日本理論心理学会第65回大会準備委員会
   

   TEL 088-844-8394(ダイヤルイン)


          E-mail

     *お問い合わせ等は、可能な限りメールにてお願いいたします。

   なお、本大会についてのお問い合わせは学会事務局でも受け付けます。

   千葉経済大学短期大学部 大沼徹研究室内

   TEL&FAX 043-255-4574(ダイヤル
イン)

   HP  http://www.pat.hi-ho.ne.jp/theo-psy/
       E-mail 

↑スパムメール防止のため、コピー&ペーストは
出来ないようになっております。