日本理論心理学会 会則
第1条 本会は日本理論心理学会と称し、心理学の理論的研究を促進して、心理学の発展に寄与することを目的とする。
第2条 本会の事務局は当分の間、千葉経済大学短期大学部大沼徹研究室内(千葉県千葉市稲毛区轟町4-3-30)におく。
第3条

本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行なう。

  1. 年次大会の開催 年次大会においては、シンポジウム、個人発表ならびに総会を行なう。総会は本会の重要な運営および組織に関する事項について決定する。
  2. 機関誌の発行 機関誌は少なくとも年に一回発行する。
  3. その他必要な事業
第4条 本会は次の会員をもって構成する。
  1. 正会員は次条の理事会の承認を得て、会費を納入した者。
  2. 名誉会員は会員の推薦により理事会の議を経て総会が承認した者。
第5条 本会に次の役員をおく。
  1. 理事長  1名
  2. 事務局長 1名
  3. 理事 5名(理事長を含める)
  4. 監事 2名
2)上記の理事は、理事会を構成する。また、理事会には、事務局長および理事会が指名した書記を出席させることができる。

3)理事は本会の事業執行にあたる。

4)監事は本会の会計を監査する。

第6条 本会の役員選出および任期は次の通りである。
  1. 理事・監事は直接選挙によって選出する。役員の選出については、別に定める。
  2. 役員の任期は3年とする。ただし再任を妨げない。
第7条 本会は、総会の承認により、顧問若干名を置くことができる。理事会は、必要に応じ顧問に出席を求め、意見を求めることができる。 
 第8条  本会の経費は会員の納める年度会費、その他をもってこれに当てる。

2)年度会費は別に定める。ただし、名誉会員からは徴収しない。

附 則 この会則は19791123日から適用する。

       (以下、1992年以前の附則略)

附 則 年度会費は1993年度から当分の間 5,000円とする。

附 則 この改正(所在地)は、1996年41日から適用する。

附 則 この改正は、1997年41日から適用する。

附 則 この改正は、1999年41日から適用する。

附 則 この改正は、2002年91日から適用する。

附 則 この改正は、2005年11日から適用する。

附 則 院生の年会費を2009年度から当分の間 2,500円とする。

附 則 この改正は、2009年11日から適用する。



Homeに戻る