ブラジルのタバコパッケージ警告表示


2001年12月より 正面全体に警告、裏面にタバコブランド名

 


喫煙は口臭や歯の脱落をもたらし口腔ガンの原因になる。

喫煙は肺ガンの原因になる。

喫煙は心臓発作の原因となる。

喫煙者は何をするにも息切れがする。

妊娠中の喫煙は胎児に害を与える。

妊娠中の喫煙は未熟児・低体重児出産の原因となり喘息の発病を促進する。

ニコチンは薬物の一種で依存性を持つ。

喫煙はインポテンツの原因となる。

子どもは大人の喫煙を見て真似する。

ブラジルのさらなる新警告表示 2004年7月より


喫煙は口腔ガンや歯の喪失をまねく。

喫煙は肺ガンの原因となる。

この壊死はタバコ使用によって起こった。

喫煙は流産の原因となる。

妊娠中の喫煙は未熟児・低体重児の原因となる。

喫煙者と共に暮らす子どもは喘息・肺炎・副鼻腔炎・アレルギーなどになりやすい。

彼はタバコの犠牲者だ。喫煙は手足の切断にいたる血管の病気をまねく。

喫煙は喉頭ガンの原因となる。

タバコはインポテンツの原因となる。

喫煙時あなたは砒素・ナフタリンなど鼠やゴキブリ用の駆除剤と同じものを吸入している。
   

次ページ カナダのタバコ警告表示 →


 

EUのタバコ警告表示
ブラジルのタバコ警告表示
カナダのタバコ警告表示
オーストラリアのタバコ警告表示
タイのタバコ警告表示
シンガポールのタバコ警告表示

 

 

資料提供:訳 禁煙教育をすすめる会代表 仲野暢子氏

copyright(c) 2004 Ten all rights reseved