小仏峠から高尾山へ


小仏バス停までは バスで行く旧甲州街道 をご参照下さい。




京王バス小仏終点。


すぐ左手に宝珠禅寺が見えます。ここには小仏のカゴノキがあります。

   
    舗装路はやがて大きなS字カーブになり登りきると右手に景信山への登山口
    があり、明王峠〜陣馬山方面へこちらから入る人が多くみられます。 


    山並みを眺めながら進んですぐ駐車場がありここから車両は通行止になります。    
    正面の道を進みます。  


       通行止柵の手前に行の滝があり、先へ進むと右手の小さな沢に沿った
       ヤゴ沢から景信山への仕事道があります。(少し荒れています)  

   
     ここからは沢沿いに檜、杉林を歩きます。   
     水のみ場を過ぎてまもなく右へ大きく曲がる細い急登の道になり、
     沢と別れ山腹を登ります。 


       小仏峠まで林の中のため展望はほとんどありません。 
       一汗かくころ小仏峠の広い場所に出ます。      

 小仏峠左手の八王子城址方面を望むところは、
 心地よい風が熱い体を冷ませてくれます。
  
 峠の右手には、案内図があり、景信山、陣馬山への道
 (関東ふれあいの道)が続きます、
 
            


 
    このお地蔵様は以前は峠から陣馬方面へ入ってすぐのところにありましたがここへ移されました。
    幕末の動乱期、甲州へと大砲を引き進軍する近藤勇、援軍を求めて江戸の勝海舟のもとへ馬で
    小仏峠を駆け抜ける土方歳三・・・歴史の悲哀をこのお地蔵様は見ていたんですね、    



峠の茶店の中を高尾山方面へ進みます。

    

    もう一軒の茶店横には、明治天皇の山梨巡幸の碑があります、    
    右手には古い高尾山の案内碑、その奥には旧甲州街道、相模湖方面への道があります。 


その先へは3軒目の茶店があり
相模湖・富士山のながめがよい
ベンチが多く並び休憩に最高、



相模湖・富士山方向の展望    
写真には写っていませんが雪を頂い
た富士山が綺麗です。      
       茶店と別れ整備された関東ふれあいの道を進みます。         
       ほどなく道は、左へ一丁平・高尾山、右へ城山・高尾山の分岐にでます。
       左の道を進むと舗装路を横切り高尾山方面へ城山を巻く道、(舗装路を登
       ると城山へ、下れば日影沢へでます。                
       右の階段を登り城山へ進みます。                  


        滑りやすい坂道を注意しながら登ると広い城山山頂が見えてきます。
        茶店前には多くのベンチ、草原があり、相模湖・富士山の展望もよく
        大勢のハイカーで賑わいます。  

               
             

      城山山頂の休憩と展望を楽しんで緩いくだり坂を高尾山方面へ進みます。
      (写真はちょっと理解の難しい道標)
      この先には右手へ下るいくつかの大垂水峠への道があります。     

          

一丁平の《いかり草》の群落、船の錨に似た形が面白いですね。色も何種類かあるようです

        広い一丁平は、花、桜、つつじ、紅葉などが楽しめる人気の場所で、多くのベンチ、
        あづまや、トイレなどが整備されています。  

                 

   一丁平と別れここからはもみじ台下まで下り坂になり新緑のもみじの木の下を歩きます。

     坂を下りきると正面に木の階段がありもみじ台への登りになりますが、
     左手にもみじ台を巻く道があります。               
     坂を上りきるとここも富士山展望の絶好地があり、春には桜の木越しの
     冠雪の富士山が見事です。(写真でかすかに富士山がわかるかな?) 


      トイレの先にもみじ台の人気の茶店が見えてきます。
      '麦わら帽子'のお気に入りの店です。         
      茶店を下ると高尾山山頂への階段が見えてきますが 
      階段左には山頂を巻いて(5号路)薬王院への1号路
      へ出る道があります。              
      5号路は山頂下を一周するコースです。      


山頂の富士山側の茶店がなくなり 
富士の展望がさらに良くなりました
五月連休の山頂は大勢の家族連れや
ハイカーで賑わいます。     
       2006年5月6日

<2006/04/22山頂から撮影>