名前のまま、5代目のモデルです。
東京モーターショウで世間にはじめて発表されたのが記憶にあります。
1998年1月26日に5000台発売、その後追加で3000台発売された様です。
タイヤのトレッド幅を広げる為に前はブリスターフェンダーを、
後ろはオーバーフェンダーを備え、 225mmもの幅を持つタイヤを納めていました。
サスは倒立式、足周りにはアルミを多用し、フロントにヘリカルLSDを装備、
エンジンはエボ4から2kg/mアップ。 ブレーキもそれに見合う様かの様に大径のブレンボを得ました。
初めてこのクルマに乗った時にエボ4では減速が必要だったカーブでも
減速を必要とせず、なおも加速しながら旋回する事に感動と恐怖を覚えました。
あのスピードでの旋回中に何かあっても私の腕では立て直せないと思ったからです。
「全身筋肉、V次元の瞬発力」このキャッチコピーもウソではないと思いましたね。

■主要諸元
駆動方式
FULLTIME 4WD
車名・型式
三菱・GF-CP9A
 
SNGF
SNDF
車種
GSR EvolutionV
RS EvolutionV
 
2000 DOHC 16VALVE ECI-MULTI INTERCOOLER TURBO
 
5M/T
■寸法・重量
全長 (mm)
4350
4350 *1
全幅 (mm)
1770
全高 (mm)
1415
ホイールベース (mm)
2510
トレッド (mm)
1510
1495 *2
(mm)
1505
1490 *2
室内長(mm)
1805
室内幅 (mm)
1430
室内高 (mm)
1175
最低地上高 (mm)
150
車両重量 (kg)
1360
1260
乗車定員 ()
5
車両総重量 (kg)
1635
1535
■性能
最小回転半径 (m)
5.5

10・15モード燃料消費率
(運輸省届出値) (km/L)

9.7
10.2
60km/h時燃費消費率
(運輸省届出値) (km/L)
17.4
■エンジン
型式
4G63・ターボ
弁機構・気筒数
DOHC(16V)・直列4気筒
内径×行程 (mm)
85.0×88.0
総排気量 (cc)
1997
圧縮比
8.8
最高出力[ネット] (PS/rpm)
280/6500
最大トルク (kg/f-m/rpm)
38.0/3000
燃料供給装置
ECIマルチ(電子制御燃料噴射)
燃料・タンク容量 (L)
無鉛プレミアム・50
■動力伝達装置
変速機形式
前進5段マニュアル
 
スーパークロスレシオ
Low
High
変速比 1速
2.785
2.785
2速
1.950
1.950
  3速
1.407
1.444
  4速
1.031
1.096
  5速
0.761
0.825
  後退
3.416
3.416
最終減速比
4.529
4.875
4.529
■動力伝達装置
ステアリング形式
ラック&ピニオン (パワーステアリング)
サスペンション形式
マクファーソン・ストラット
 
マルチリンク
主ブレーキ形式
ベンチレーテッドディスク
   
17インチ
16インチ
 
ベンチレーテッドディスク
   
16インチ
15インチ
タイヤ
225/45ZR17 5穴
205/60R15 91H 5穴

*1:フロントバンパーエクステンション非装着車は4345mm
*2:17インチタイヤ装着車は前:1510mm、後:1505mm

参考資料:
三菱自動車 ランサーエボリューション5本カタログ
三菱自動車 EVOLUTION[エボ5購入特典本]
ニューズ出版 HYPER REV Vol.33 LANCER EVOLUTION No.2