とりあえず暫定板です。来年には皆さんの役に立つようなページにしたいと思ってます。
個人だと一気にこういうページを作ることはできません。
でも、何年かかけてページを充実させていくのもHP製作のおもしろさであるわけです。

白山スーパー林道 ☆☆☆

2000年10月22日
車から見ることが出来る山岳紅葉としては、中部地方随一でしょう。
普段は山の険しさが印象的なスカイラインですが、紅葉の季節は印象が一変し、山全体を埋め尽くす紅葉には、ただただ圧倒されるばかりです。
今年は10月下旬が見頃となりました。
道路状況
私は9時頃白川郷側からの登りはじめましたが、そこそこ空いていて渋滞には殆ど遭いませんでした。10時頃から頂上付近が混雑しはじめたので、石川県側に下って行ったのですが、逆方向は10km近く延々と渋滞していました。
なお、通行料は3150円とむちゃくちゃ高いです。

 

照葉峡、奥利根水源の森 ☆☆☆

2000年10月14日
利根川の上流、標高1200〜1700mに広がる水源の森。西日を浴びてブナの森全体が黄金色に輝く様は壮観です。ただ、ブナの葉は冷え込むと黄色から褐色に変わり、落葉も早いので、見頃は限られます。
水源の森の見頃は10月中旬。照葉峡の見頃はもう少し後。標高1400mから900mまで少しずつ紅葉前線が下がっていく。
道路状況
水上ICを降り、水上温泉街を過ぎたら右折して県道水上片品線に入り、30分程走ると照葉峡の入口に到着する。道は1.5車線幅で峠付近はづづら折れだが、山奥の元林道としては、それ程走りにくい道ではない。
普段はひっそりとした観光地ではあるのだが、道路が狭いため渋滞し始める結構ひどいことになるみたい。通行料は県道なので無料です。

 

日塩もみじ道路 ☆☆☆

1999年11月5日
道沿いのモミジが紅く染まり美しい。山全体の紅葉黄葉に、地元の方が植えたモミジの紅さがアクセントとなり、紅葉をテーマにした庭園と化している。とにかく鮮烈な紅葉を見る事ができます。
道路はかなり混雑しますが、駐車場が無いおかげか逆に渋滞はありませんでした。通行料は620円です。

 

金精峠

2000年10月15日
金精峠の標高は1600m。金精山や日光白根山などの標高は2000mを越えていて、上の方の紅葉の見頃は既に過ぎていました。でも下の方の戦場ヶ原や湯本の紅葉はまだまだ?常緑樹も多く、紅葉の時期が木々によって異なるためか、紅葉のピークがどこにあるかよく分かりませんでした。国道120号を走っただけでは今ひとつ。湯本や竜頭の滝など紅葉スポットを探す必要がありそうです。
金精峠の西側の大沼です。標高が高いせいか10/15時点で道端には落葉が目立ちました。個人的にはこのコース、新緑の季節の方が魅力的だと思います。
通行料は無料です。大沼の駐車場も県営のは無料。

 

奥鬼怒林道

2000年10月15日
最近全線舗装が完了し、乗用車で気軽に通行できるようになりました。といっても乗用車がやっとすれ違える狭く曲がりくねった道です。
低い所の紅葉はまだ未だですが、登っていくと落葉が目立ち始めました。前日に奥利根水源の森の強烈な紅葉を目にしてしまったので、今一つ物足りなさを感じました。紅葉というよりは、秋の森の様子を楽しむ道です。通行料は無料。
 戦場ヶ原から奥鬼怒林道を少し北上した所にはミズナラの森林が広がっていますが、こちらはどちらかというと新緑の方が魅力的。

 

川俣峡、奥鬼怒 

2000年10月15日
奥鬼怒まで足を伸ばしたのは今回が初めて。こんなすごい渓谷があったとは。標高は1000m位ですが、紅葉はまだ始まったばかり。10月下旬位が見頃だと思います。
川俣から更に西の山奥へ進むと奥鬼怒温泉郷の無料駐車場まで行くことが出来ます。奥鬼怒の方も紅葉はまだ五分程度。でも紅葉狩りの人で駐車場は結構混雑していたのが気になります。通行料は無料。

 

 

home