2004年9月発売の新型アルトって、どんな車?

<一般的なインプレ>

新型アルトの車高は、旧アルトより50ミリ高くなって1500ミリ。フロントマスクのレトロ流線型な感じが、私的には結構好きです。遠目には可愛らしく見えますが、骨格が直線的かつ骨太で、サイドが立っていることもあって、真近で見るとかなーり大きく見えます。

64キロオフセットと前後左右55キロの衝突テストクリアーするためでしょう、A・B・C各ピラーもサイドシルも太くて、随分ガッシリした印象を受けます。ドアを閉めるときの音もバスンという剛性感のありそうな音です。昔のペラペラな軽とは違って、走っていても安心感があります。エアバックは運転席、助手席とも標準ですし。ただ、衝突対策の弊害といったところでしょうか、Aピラーが太くて斜め前方の視界を遮りがちですので、注意して運転する必要があります。

室内は高い車高と、立ったサイドウィンドウのおかげで、広々としています。身長175センチ前後の大人4人が、ゆったりとはいかないまでも無理なく座れる広さです。それでいて、荷室の広さも軽にしては広め。これだけゆとりがあると、ワゴンRの存在意義が減りそうです。ただ、後述するような走行特性を考えると、もう少しルーフは低くて良かった気はします。

ちょっと街中を走った限りでは、もう十分な出来です。乗り心地もまあまあ良いし、乗り味も落ち着きがあります。車体が軽いので加速も悪くなく、国道の流れに乗るには十分です。ステアリングもブレーキも剛性感があって安心して走れます。電動パワステも不自然ではありません。バブル崩壊直後のコストダウンしすぎてボディ以外ペナペナとなった、一頃の出来の悪い大衆車より安心して走れるかもです。エンジン音は静かではありませんが、身近な足には十分なレベルです。

インテリアも明るくてよいです。高級感はありませんが、日常の道具として適当な質感だと思います。

<マニア的インプレ>

細かく見ると、ステアーしてロールするときグラッと揺れて、かつ、ハンドルを戻しても揺れの収まりが悪くて、少しですがハンドルを切った方向に切れ込み続ける感じになるのが気になります。サスペンションがソフトな上に、頭の上に重いものを載せすぎて、揺れが制御しきれていない感じです。この点は助手席に乗ったときの方が顕著に感じましたので、快適性を考えても、もう少しサスペンションをハード方向に振った方が良かっただろうと思います。街中を走る分には殆ど気にならない程度の話ですが、特にABSが標準では無いこともあり、抑えの不足したサスペンションは、緊急回避の事を考えると若干不安を感じます。この車のメインターゲットは30代の女性だそうですが、女性でもスピードを出して元気良く走る人もいますからね。

ステアリングのギヤ比は非常にスローです。ちょっとハンドル切ってもあまり曲がりません。ところがシャシの基本性能としては舵の利きは良いです。アンダーステアー弱くて良く曲がります。「車高を上げてサスペンションをソフトにしたら、ロールが大きすぎて急な入力を入れると挙動変化が大きくて抑えが利かないので、ステアリングのギヤ比をスローに振って、ハンドルから急激に大きな入力が入らないようにごまかした?」と推測してみたり。

比較すればダイハツ車の方が、乗り心地が良く、揺れの収まりも良く、高速でも安定してると思います(アンダー強いですけど)。でもアルトのレベルでも数年前の軽自動車からすれば格段に進歩していて、下手すると数年前のリッターカーより良いかもです。やはり身近な足と考えれば十分なレベルだと思います。

エンジンは今回のアルトではVVTが省略されてしまっているようなので、トルクは薄い気がしますが、車重が軽いので、国道の一般的な車の流れをリードしようと思えば出来るくらいのパワーはあります。

実は、自動車評論家の多くの方々からは、サスペンションが柔らかすぎて安定感に欠けると酷評されまくりの新型アルトですが、例外的に自動車評論家の国沢さんがべた褒めしてます。国沢さんのHPによれば「実際コーナーリングを試してみてもロールした姿勢のままじんわり曲がれるし、柔らかいおかげで、クルマの挙動が手に取るようにわかるから、ゆとりを持って操作できるね。当然、安心感も高い。」「普通に切れば、切った分だけ曲がるし、ブレーキ踏んで荷重移動すれば、オーバーステアにも持っていける。とにかくわかりやすい動きをするね。」「クルマを走らせるということの原点に返った気分になるのかな。遅いけど元気いっぱいで楽しい。人間の操作にこれだけ素直で忠実な動きをするクルマって貴重だよ。」とのこと。私はサスペンションがソフトでもハードでもどちらでも良くて、操作に対する動きが素直で、前後のグリップバランスがとれていて、接地感と車体の挙動が判り易い車が好きです。あとは動いて普通に使えればいいです。

果たして、実際のところどうなのか?ファミリーカーのアルトでとばす気はないのですが、何しろ近所に買い物に行くためだけでもビーナスライン走りまくる生活なので、シャシの素性はそのうち明らかになるでしょう。(今回は雪道なので不明です)

半年程度使用したら、このページに感想を追記したいと思います。

Home