今月の風景

2001年11月

瑞垣山&クリスタルライン

 

今月はちょっとマイナーなところで山梨のクリスタルラインを走ってきました。クリスタルラインもなかなか良かったのですが、みずがき山林道の標識を見つけて入ってみたら・・・

コーナーを曲がったらこの景色。唐松の黄葉が陽を浴びて輝き、きれいでした。11月下旬ですからだいぶ落葉しています。2週間程早ければもっときれいだったろうなあー。バックの岩山とのコントラストも印象的でした。

ちなみにみずがき山の麓には白樺林が広がっていて見事。紅葉の名所でもあり、見頃は10月中旬位だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ、時間が足りない・・・。

最近はサラリーマン稼業が忙しくて、どこにも行ってないし、ホームページの更新もご無沙汰気味。せっかくアクセスしていただいているのに申し訳ない限りです。

しし座流星群だけは見ることが出来ました。自宅の上空は曇っていたので、午前3時頃カプチーノで出発。翌朝の仕事場所(水戸)に向けて常磐道をひた走り、走りながら20個程流れるのを見ました。
高速を100キロ位で走りながら流れ星がいっぱい見えるなんて(^O^)。驚喜しながら走ってました。あぶないなぁー、まあ深夜の常磐道は例の如くガラガラでしたが。

谷田部ICで降りてカプチを道端に止め、屋根をあけて暖房がんがんかけながら、明け方まで流れ星を300個位は見ました。オープンカーで良かった。でも、どうせなら休みをとって、山奥で見てみたかったなぁ。

11月最後の3連休。せめて1日(トホホ)くらいは出かけたい!ということで、近場で空いていそうなクリスタルラインに向かいました。クリスタルラインといっても実体は山梨県北部の林道をつなげて作った道。家にあった道路地図を見ると、道は歩道扱いになっていたり、描かれていなかったりする。そんなところなんですが、果たしてカプチで通れるのでしょうか?

勝沼インターを降りて国道20号線を甲府方面へ。塩山&雁坂みちの標識に従って右折しました。あとは雁坂みちの案内に従って走ればいいみたいです。中央線のガードをくぐったら左折。しばらく行くと恵林寺という大きなお寺があります。信玄ゆかりの由緒あるお寺のようで、境内はなかなかいい感じです。お寺ファンの方にお勧め。

国道140号線に入ってトンネルを2つ抜けると道の駅がありました。一休みして道の駅「まきおか」にあったパンフレットを見ると、ちょっと行き過ぎていることがわかりました。トンネルを1個だけ戻って右折し、突き当たりを右折するとクリスタルラインのようです。

実は私がいままでクリスタルラインを走ったことがなかったのは入り口がわからなかったから。これから行かれる方は道の駅「まきおか」まで行かれて地図を確認することをお勧めします。ところで、道の駅バックの雑木林の紅葉もきれいだったなぁ。

しばらくは畑の中の斜面を真っ直ぐ登っていきます。クリスタルラインの名前からはほど遠い田舎道。道間違えたかなーと不安になったころ道は2車線に拡幅。しばらく走ると再び道は狭くなって、1.5車線くらいになります。

巨大なとちの木が姿を現しました。周囲の森はほとんど植林ですが、この木だけ切られずに残ったのでしょう。まあ、おそれ多くて切る人はいないと思いますが。しかし、こんな側に道を造ってしまって。申し訳ない感じです。

道は狭いのですが冬場で草木が枯れていて見通しが良いため、そんなに走りにくくはありません。登って行くにつれて視界も開けてきました。
拡張工事も至る所で行われていて、数年後にはビーナスライン並の素晴らしいスカイラインに化けるかも?富士山も見えてきました。

絶景です!やったね!クリスタルラインを選んだのは正解だった!

金峰牧場

峠を上り詰めると、前と後ろで全然違う景色が広がっていました。前方は打ってかわってのどかー。牛が草をはんでいます。金峰牧場です。キャンプも出来るみたいです。

このまま真っ直ぐ行くと大弛峠。標高2300メートルを越えるスケールの大きな峠です。今日みたいに晴れた日には是非!いってみたいところですが、通行止め。どっちにしろカプチには道がハードすぎて無理なんですがね。ひきかえして乙女高原へむかいました。

道の分岐点には黄色い道案内板が出ています。でも、クリスタルラインと書いてある標識は僅か。ほとんどは地名と林道名で表示されています。地名は知らないものばかり(当たり前か)。道の駅でGETしたパンフが役にたちました。

金峰牧場から焼山峠までの道は広くなったり狭くなったり。工事中のところ多し。一部道が泥をかぶっているところもあり、スタック寸前で冷や汗。タイヤが履き替えたばかり(GP-DNA)のせいか無事に脱出。車高を落としている車だとつらいかも。

乙女高原〜荒川林道

乙女高原にやってきました。なつかしいなあ、10年ぶり。全然記憶と違う。昔はもっと寂しい感じだったような。

もっとも今日も駐車場には車が1台だけ。ロッジも閉鎖され人気はありません。日溜まりはポカポカ暖か。こんないいところなのに誰もいない。なんかもったいない感じ。

写真左の開けた部分は元スキー場なのですが、今は草原として整備されています。周囲の森も整備され遊歩道なども設けられているようです。

しばらく進むと金峰山が見えてきました。尾根のあたりの道も見晴らしが良く開放感があっていい感じです。

荒川林道は岩山の間を抜けていくハードな道。人が住めるような所ですらない。仙人でもいそう。ここは拡幅は無理だな。ビーナスラインには化けません。

荒川林道、池ノ平林道、観音峠大野山林道と乗り継いでいきました。池ノ平林道は道が狭い上にブラインドにカーブミラーが少なく、一番走りにくかった。もう一回走りたくはない感じ。

このあたりは開放的で気持ちの良いドライブが楽しめます。冬枯れた山々がいい味だしてます。もう少ししたら雪に覆われてしまうことでしょう。

みずがき山は百名山の一つであり、また、ロッククライミングのメッカです。このさきのみずがき山荘のあたりに駐車場と登山口があって賑わっているようでした。すっごい岩山だけど、登山道は裏側にあってそれ程ロッククライムでは無いらしいです。

クリスタルラインからちょっと林道に入ると、凄まじく立派な道がみずがき山に向かってのびていました。白樺林とカラマツ林が見事です。

クリスタルラインはこの後高須林道を経由して清里方面に向かうのですが、分岐の所の道がかなり貧弱でついつい通り越してしまいました。このまま進めば増富ラジウムラインを経由して須玉インターに出ます。狭い道ばかりで疲れたので、帰る前に温泉に入りたいな。えーと、このあたりでは増富温泉が有名です。ラジウムの含有量は世界一とか。いつも近くまで来ながら通り過ぎてしまっていたので、この機会に訪問してみますか。

増富温泉郷にやってきました。予想通り、温泉街は旅館が並ぶひなびた小規模なもの。旧い温泉街というと日帰り客にとっては敷居が高い感じがするのですが、嬉しいことに日帰りの公共温泉ができていました。源泉とお湯の2部構成のお風呂。ちょっと変わった感じの温泉でした。料金は700円。

1時頃温泉を出発。広域農道で竜王まで出て中央高速にのり、渋滞は20キロ程度。帰宅は夕方。

さて、クリスタルラインの評価ですが、いいところと、いまいちのところが半分半分。晩秋の関東山地の雰囲気を味わえたのは良かったです。ただ、今回は草木が枯れていたから見通しが良く運転しやすかったのですが、道幅が狭く見通しの悪いところが多いので、夏場はつらそうです。

では、今日はこのへんで。

 

home

2001年10月尾瀬 2001年9月:能登半島 2001年8月:雄国沼

2001年7月:アルプス展望道路

2001年6月:玉原高原 2001年5月:西穂高岳
2001年4月:松本城 2001年2月:乗鞍 2001年1月:年賀状
2000年12月:高ボッチ高原 2000年11月:美ヶ原 2000年10月:照葉峡
2000年9月:龍飛崎 2000年8月:日本海 2000年7月:野反湖

 

LONG TOURING CLUB 1999-2001 Copyright R.Morita All Rights Reserved.