龍飛崎へ・・・3〜4日目

 龍飛崎野営場(2泊目)〜玉川ダム(3泊目)〜川崎
8/14AM10:00 R399眺瞰台
龍飛崎を振り返ると、津軽海峡の向こうに北海道を見ることが出来ました。
8/14AM10:00 339号龍泊ライン 
昨日来た道を戻ります。
森と海がきれいです。
8/14AM11:00 県道12号
岩木山に向かいました。
下北半島を目指すつもりでしたが、津軽半島を堪能しきってお腹いっぱい。楽しみは来年にとっておくことにしました。
案の定、おなかいっぱいで、岩木山環状道路を走っても何も感じません。狭い区間のカーブミラーが少なくてちょっと危ないなー。津軽岩木スカイライン1780円は勿体ないので行きませんでした。

8/14PM3:00 国道341号
R341は秋田の最も山深いところを走る国道です。八幡平アスピーテラインとも接続しています。峠付近はタイトコーナーが連続しますが、全体的には整備されて快適なハイウエイです。この日は交通量が多くのろのろ運転を強いられました。
8/14PM3:00 国道341号
今来た峠を振り返ってみました。
山の上の方に湯煙があがって、空の雲につながっています。
8/14PM4:00 新玉川温泉
R341沿いには有名な玉川温泉がありますが、混雑で近づけませんでした。んで、ちょっと下の新玉川温泉に入りました。入浴券は券売機で買います。源泉は同じ。酸性のお湯は肌がピリピリする程強い!顔を洗ったら、しみて目が開けられません。飲用は5倍に薄めてと注意書きがありました。濃い温泉フリーク(そん人がいるのか?いるに違いない。だって最近薄い温泉が増えたからねぇ)にはたまらんでしょう。私には合わない感じ。
8/14PM6:00 玉川ダム下のキャンプ場
今日は鬼首辺りまで行こうと思っていたのですが、田沢湖の辺りで夕方になってしまいました。田沢湖のキャンプ場は満員すし詰め。ちょっと戻ってテントを張りました。こんなところに一人だと怖くてたまりませんが、幸いキャンパーが5組ほどいてひと安心。アブが多くて困りました。
バイクの人に聞いたら鬼首のキャンプ場は300張りくらいテントがあって、トイレも温泉も混雑していたとのこと。行かなくてよかった。普段の日曜日は人気も無かったりするのに。
8/15AM10:00 国道341号
山奥を通る道も改良されてこんな感じです。お金掛けすぎのような気が。橋の下を通っている旧道も2車線で、そんなに悪い道ではなかったですが、廃道になってました。東北の峠道はどんどん改良されて、トンネルと橋ばかりになっていきます。便利になるのはいいのですが、冬季通行止めになる主要でない道までハイウエイ化されるのは、ちょっと残念な感じ。
8/15AM12:00 ほっとゆだ駅&温泉
JR北上線のほっとゆだ駅です。木造の駅舎に温泉が併設されています。中は普通の共同湯って感じで特筆すべき点はありません。駅の駐車場は無料でそこそこ広いです。てつの方にも便利じゃないかな。
立派な露天のある旅館も近くにはありますが、こんなお手軽な温泉もいい感じ。
8/15AM12:30〜13:10 県道320/40
国道を外れ県道で栗駒を目指します。
地図では地方主要道となってたりしますが、道はだんだん細くなり、私もだんだん心細くなり、ガードレールもカーブミラーも無い道をそろそろと進んでいると国道に出ることが出来ました。
もうちょっと広ければ北へのいいツーリング街道になるのにな。
 
この後、栗駒山地を抜け、いろいろな県道と国道をじたばたと乗りつぎ、北上川沿いに下り、山奥に入り込んで蔵王の方に行き、でも全然距離が稼げないうえに道に迷いまくり、暗くなってから仙台の先で東北道に乗りました。夕刻以降の東北道は大渋滞。昼間の空いている内に仙台は東北道でパスしておけばよかったと思いましたが後の祭り。「この先渋滞20km90分」に音を上げて西那須野で国道4号に降りても矢板の辺りでミッドナイト渋滞。ここで高速に乗ったら渋滞は少ないけど高速代が勿体ない。すいてる408号と294号で南下しました。ゴールは翌日の午前2時となりました。

今回の旅で有料道路代は11850円(軽)でした。
ちなみに川崎IC〜青森ICまでの料金は片道11800円(軽)14550円(普)。
極力一般道を使った割には節約できていません。遠距離逓減制が効いてます。ちょっと悲しい。

ガソリン代と走行距離は計算していません。燃費は給油するたびに満タン法計測でリッター17〜20km位でした。平均で18km位だと思います。エアコン使用を考えると結構いいです。カプチ君偉い!帰りも日本海沿いを通っていればもうちょっと伸びたはずです。

宿泊は車中1泊(うち一泊は仮眠程度)テント2泊。竜飛のキャンプ場はきちんと管理されていてテント一張り500円で駐車料は無料。もう一つのキャンプ場は特に管理されていない無料のところです。宿泊代はトータル500円。安い(笑)。
キャンプ場のデーターがあったら後日掲載しておきます。
なお、竜飛と下北半島の大間崎付近の夜は結構寒いです。気温はそれほど下がらないですが、風が強く、テントの中をもかき回していく感じで寒いです。キャンプされる方は防寒に注意してください。フリースのジャケットと3シーズンの寝袋は欲しと思います。

んー。今回の旅は非常に充実していました。ただ、極上を味わってしまったので、しばらくは他の道を走っても物足りなさを感じてしまいそうな気が(笑)

いや、マジでそうなんですよ。龍飛良すぎました。やっぱ東北はいいわあ。
来年は下北半島を目指します!
来年まで安定した生活が送れますように(^_^;)てへっ。
では、またどこかでお会いしましょう!

戻る


LONG TOURING CLUB 1999 Copyright R.Morita All Rights Reserved.