ビーナスラインをこえて シリーズその1

ビーナスラインをこえて、高原と温泉と国宝めぐり Part4

訪問2004.9.1 掲載2004.9.4

美ヶ原〜県道464号線〜県道62号線〜R254〜武石村〜丸子町 
標高1959メートル。ビーナスライン最高地点です。快晴なら浅間山や高峰の山並みが望めるはずですが、雲がかかっていました。ちょっと天気悪くなってきてしまいました。残念です。
終点にあるのが美ヶ原美術館。屋外彫刻の美術館です。
県道464号線で武石の集落まで下ります。松本まで58km、上田まで42km。

直線距離では上田より松本の方が近いのですが、松本までの美ヶ原林道は細かいカーブが連続する道なので距離が長くなっています。道幅も1.5車線位と狭めなので、松本まで行くなら2時間位かかると見ておいた方がよいでしょう。

県道464号線で下っていきます。道幅は1,5〜2車線で狭く、舗装も荒れ気味です。展望はまあまあ良いです。

鹿教湯温泉
このあたりには古くからの温泉が連なっています。霊前寺、大塩、鹿教湯、別府、沓掛、田沢etc

五台橋の風景が有名な鹿教湯温泉を訪ねてみました。狭い温泉街のメインストリートを進み、五台橋入口の反対側の路地を入ると、公民館の前が無料駐車場になっています。スペースは10台分位。

 

屋根付きのベンチつきの五台橋。風呂上りにここで涼むのが、おつな感じ。
橋を渡ると温泉薬師堂や文殊堂など、緑を楽しみながらの散策ができます。
五台橋の袂にあるのが文殊の湯。もともと共同浴場があったところで、小さいですが近代的な浴場に建て替えられています。
数人が入れる内風呂と外風呂があります。湯はやわらかな単純泉です。
鹿教湯は温泉街全体が狭いので、行楽シーズンに車で積極的に入って行きたいところでは無いかもしれません。静かなオフシーズンに訪問して、のんびりしっぽり(しっぽりって何だ?)したい方にお勧めします。

周囲の温泉も、温泉好きの方には評判が良いようなので、順次訪問していこうと思っています。

鹿教湯を後にし、県道12号線県道177号鹿教湯別所線で別所温泉に向かいました。この県12号と177号、とくに177の景色はいいんですが、幅はほぼ1車線。車とバイクのすれ違いさえ場所を選ぶほどです。

車ならR254を上田方面に戻り、有料の平井寺トンネル経由で別所に向かうことをお勧めします。

塩田平 〜信州の鎌倉〜
塩田平は信州の鎌倉と呼ばれていて文化財が点在し、国宝もいっぱい。今日は温泉と国宝めぐりをしてみたいと思います。
遊歩道が整備されていますが、所要時間5〜6時間。全部回るのは寺社仏閣好きの人に任せて、ロンツー的にはポイントを押さえて回りたいと思います。実は8月後半に取材しましたので、今回は一押しの場所を紹介します。
別所温泉


別所温泉駅の少し左下に相染閣があります
安楽寺は地図左側にあります

まずは別所温泉です。写真は別所温泉の玄関口、上田交通別所線の別所温泉駅です。ローカル電車に揺られてやって来るのが別所温泉の正しい訪問方法でしょう。
別所温泉には立派な外湯が2軒あります。料金も100円程度。でも駐車場はありません。温泉街も狭く、駐輪するところも見つかりませんでした。駐車場は公共の駐車場が400円。温泉入るためだけに駐車するのはチョットネ。
そこでやってきたのが上田市社会福祉センター「相染閣」。別所温泉駅からメインストリートを温泉街に向かい100メートル先右側。駅と温泉街の中間地点にあり、県道沿いですので場所は判り易いと思います。

駐車場は広いのですが、建物は鉄筋コンクリながら、はっきり言って笑っちゃうほどボロです。入浴料は大人220円と格安です。社会福祉センターというサブネームもあり、あまり期待せずに、でも、古るーい小学校のような建物に愉快な気分になりながら入っていくと・・・。

中はなかなか広いです。扉を開けると・・・

硫黄の香りに包まれました。イイ!。湯は無色透明ですが、新鮮な硫化水素臭がいいです。硫黄泉好きも納得でしょう。あー極楽極楽。とてもいい湯でした。

平日の昼間にしては訪問客がありましたが、建物の古さからいって、大穴の穴場ではないでしょうか。個性ある温泉に巡り合えてよかったです。入浴料も安いし私の定番になりそうです。建物のボロさを気にしない人にはぜひお勧めします。(カップルでデートとかには向いていません、多分)

上田市社会福祉センター「相染閣」
営業時間 AM9〜PM4(入館3時30分まで)と終了が早いので注意
定休 月曜日と祝祭日の翌日
料金大人220円
安楽寺
別所温泉街の北側の外れにあるのが安楽寺。国宝の八角三重塔を見たくて訪れました。

駐車場は十数台が停められるスペースがあり無料です。

緑に包まれた参堂もいい感じ。
参拝料100円を払って八角三重塔を目指しました。
駐車場から三重塔まで歩いて数分程でした。繊細かつ重厚な造りです。鎌倉時代末期建立と推定されています。お勧めです。
前山寺
次に別所温泉を後にしてバイクで10分ほど走り、前山寺を目指しました。

駐車場は大きいのが無料であります。参堂を登っていくと、巨木がありました。

門をくぐると三重の塔が見えてきます。こちらの塔も国宝となっています。拝観料は100円です。
階段を上ると三重の塔が見えてきました。緑に包まれて、雰囲気もいいです。
おおっ!美しい!こんなに美しい建築物は見たことが無いほど。思わず通常の倍の大きさでご覧いただいています。バックの独鈷山や境内の大木もいいです。紅葉の時も格別でしょう。お勧めです。

塩田平なかなか良かったです。森田のお勧めは前山寺の三重の塔です。

大法寺
別所から山脈を一つ越えた集落にある大法寺の三重の塔も見学してみました。こちらも国宝です。拝観料100円。駐車場無料です。山を少し登ったところにあります。形が特徴的で最下層の屋根が跳ね上がっています。こちらはお寺好きの方にお勧めします。
旅の終わり
さて、時刻は午後2時。例え予約が入って無くても3時半頃までに宿には戻ることにしているので、帰路につきました。

ここまで来たのですから、もし時間があるなら、更に北上して聖高原あたりまで足を伸ばしたいところです。左の写真は絶景ワインディング!聖高原〜更埴です。このあたりは、次回に持ち越しということで。


「ビーナスラインをこえて」シリーズ第2弾をご期待ください。では、ごきげんよう!

前のページへ

home / ツーリングレポート(地域別) / ツーリングレポート(掲載順)

LONG TOURING CLUB 1999-2004 Copyright R.Morita All Rights Reserved.