ミコアイサとカモ類の観察日記
新しい書き込みを上段に挿入します、平成11年1月開始。

履中天皇陵の案内と観察ポイントの説明(99/12/5UP 07/01新しい設定追加)
石組みの画像06/10/24加筆

文中、数字 0:0 は、前が♂、後ろが♀、A,B.はミコアイサの個体識別できた鳥、.はヒドリガモとアメリカヒドリの合鴨の個体識別できた鳥。 東西は、西側から観察していくので西が優先。( )は気温。赤字 1.2.3.4.5 AP(Aポイント)は観察ポイント。(12月5日開始、履中天皇陵の案内と観察ポイント参照)
 日付、天候の後の( )は気温で0.5度単位(最高−最低)です。寒暖計の設置場所は自宅の風通しがよく雨のかからない日陰、地上高約1.5mにあり、家庭用の寒暖計で、あくまでも目安です。
 

書込方を変更します、ファイルが大きくなり書込反応が遅くなるので1ヶ月分を書き込み、後はその年のファイルに移します。

平成10年度 平成11年度 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度  平成16年度 平成17年度 
平成18年度  平成19年度  平成20年度  平成21年度  平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
平成26年度  平成27年度  平成28年度  平成29年度  平成30年度 令和01年度  HOMEへ戻る 


           令和01年度(2019/10/01〜2020/03/31)
令和01年度、書き込み用            

11/12(火)晴後快晴(20.5-13.5)16:45-17:15
 2にマガモ 5:2、3にオシドリ 3:3、マガモ 1:2、ホシハジロ 2:3、4にマガモ 13:10、ハシビロガモ♂1羽。
オシドリは早くも戻り始めた、マガモはの一部は滞在組と思われ岸辺に着き始めた。草刈りは終了、後は片付け。

11/11(月)晴時々雨(20-12)16:45-17:05
 2にマガモ 3:2、ホシハジロ 4:4、4にマガモ 33:22、ホシハジロ4:4、ハシビロガモ1:1、ヒドリガモ1:1。上空をミサゴ2羽。
草刈りは3にかかり予想通りオシドリは飛び去った、残りは西側の一部と正面半分。

11/10(日)晴(18-11)16:50-17:10
 2にマガモ 4:2、2:2、3:2の3群、ホシハジロ 1:4、3Aポイント前にオシドリ 15-13、4にマガモ 17:20。
草刈りは土、日は休みのよう、残りは3から正面で草刈りが始まるとオシドリに影響が出る。 

11/09(土)晴(18.5-8)16:45-17:05
 2にマガモ 7:7、7:6の2群、ホシハジロ 4:2、3Aポイント前にオシドリ 6:4一緒にカルガモ1羽。4にマガモ 22:13、2:2の2群、コガモ♀2羽。1にカルガモ9羽。
草刈りは休み。飛来数はマガモは順調、オシドリは遅れ、通過種は少ない。

11/08(金)快晴(18.5-13)16:40-17:00
 2にマガモ 24:7、1:5、2:3の3群、オシドリ12:6、ホシハジロ♀2羽、コガモ♀1羽。4にマガモ5:3。
草刈りは北側をすぎ西側 3/1が終わった、それに伴って一番臆病なオシドリは西側から東側に飛んで移動避難した、明日には終了しそう。
水位は石組堰の2段目の頭が見え始めた、このまま雨が降らなければAポイント、マベブッシュ下に隙間が出来、隠れ場所が出来る。

11/07(木)曇(25-11)都合で休み。

11/06(水)快晴(19-9)16:40-17:00
 2にマガモ 4:8、コガモ 11(エクリプス8羽):6、ホシハジロ 1:3、オシドリ 2:2。3にマガモ 11:10、オシドリ 16:7、4にマガモ 5:2。
放水止まる、石組の一段目、底辺。草刈りは北側の半分まで終わる。

11/05(火)快晴(18.5-10)16:40-17:00
 3にマガモ 9:6、17:4の2群、オシドリ一部はマベブッシュに隠れ現認出来たのが 19:5、コガモ 6:5、ホシハジロ 1:1、ヨシガモ♂エクリプス1羽初認4にマガモ 1:1。ミサゴ1羽。
放水はほぼ止まった。草刈りは正面東半分から始まり東側半分が終わった。

11/04(月振替)快晴(18.5-14)16:40-17:00。木枯らし1号、前年より17日早い。
 3のマベブッシュにオシドリ隠れ現認出来たのが5:5。4にマガモ 28:11、ハシビロガモ 1:3、コガモ 3:4、キンクロハジロ 4:1。ミサゴ3羽が上空を滑空旋回。
放水はチョロチョロ。草刈りは片手間のように部分的にしている。

11/03(日祝)晴後曇(20.5-12)16:45-17:05
 2にマガモ 2:0、3にオシドリ 3:2、4にマガモ 6:3、コガモ3:4、カルガモ6羽。
小ガモは一群でエクリプスが強く、何とか頭部に違いが有り♂とした。

11/02(土)快晴(20-12.5)16:45-17:10
 2にマガモ 4:4初認、カルガモ2羽。23の間にマガモ 10:3、ヒドリガモはエクリプスは強いが何とか♂の特徴が出ていた1:1初認。ハシビロガモはエクリプスは強く、くちばしの黒色で判断 1:1初認。キンクロハジロの♂1羽初認はハッキリと特徴が出来ていた。カルガモ2羽。5にカルガモ2羽。
渡りは混成群の1群で入ったと思われ西側に集まっていた、カルガモ2羽は東側に居たが比較的ペアでの単独行動が有るので渡り組とした。水位はまだ少し放水していた。草刈りはテスト刈りのようで正面一部をして止まっている。

11/01(金)快晴、黄砂(22-12)16:25-1655
 2でオオバン1羽初認。 草刈りが正面から始まった。