履中天皇陵の観察日記
オオタカ編
新しい書き込みを上段に挿入します、平成24年4月開始。
期間:年度替わりはデイスプレー飛行が初認された時からで3月末までは
観察された時だけ記入し、ミコアイサ観察が終了した4月から連日、観察日記に記入し9月末に終了する。
日没時刻は国立天文台HP、大阪の日の出入りから引用。

これまでのカモ類の観察中オオタカの姿、鳴き声が有り特に2012/03/03、堤の下でカラスを捕獲したとき
陵に向かってさかんに鳴きもう1羽を呼んでいた、これから見て番がおり繁殖の可能性が有りそう。
2012/09/02繁殖成功を確認。

書込方を変更します、ファイルが大きくなり書込反応が遅くなるので1ヶ月分を書き込み、後はその年のファイルに移します。
平成24(2012)年度 平成25(2013)年度 平成26(2014)年度 平成30(2018)年度 令和元年2019年度


バードリサーチで「オオタカの繁殖状況のモニタリング」が始まったのをきっかけで中断していた観察再開。

平成31年度(令和元年)2019年 書き込み用

これで今シーズンの観察は終了し、繁殖が終わったので観察出来たらミコアイサ観察日記に記入する

08/26(月)晴(31-21)17:30-17:40
 見られず。若鳥はSPに留まらず独立したと思われる。今シーズンは1羽が巣立った。

08/25(日)曇(29.5-22.5)17:25-17:30
 見られず。

08/24(土)雨時々曇(29-22)雨で休み。
 停滞前線が南下し空気が入れ替わった。

08/23(金)曇後雨(31.5-24.5)18:00-18:15
 見られず。

08/22(木)曇(33.5-27)18:06-18:35
 見られず。ミサゴ。

08/21(水)曇(35-27)18:30-18:45
 SPで見られなかったが上空を若鳥が仁徳天皇陵方向に通過。ミサゴ旋回。

08/20(火)曇(32.5-23)都合で休み。
 双眼鏡修理上がり。

08/19(月)雨(34-23)雨で休み。

08/18(日)晴(34.5-27)都合で休み。

08/17(土)晴(34-27)18:00-18:40
 見られず。

08/16(金)晴後曇(33.5-25.5)18:30-18:45
 見られず。台風の影響なし。

08/15(木)台風10号で暴風雨(32-25.5)
 休み。夕方呉に上陸、暴風圏に入ったがあまり被害はなさそう。

08/14(水)曇時々晴一時雨(34.5-30)18:20
 見られず。台風接近の影響で雨が降り出したので所在確認のみ。

08/13(火)晴(36-29)18:45-18:55
 見られず。

08/12(月祝)晴(36-27)18:45-18:55
 到着時若鳥がSP松の中間の太い枝に留まって居た、55分飛び立って東下の茂みに入った。
帰宅時風があったのでペルセウス流星群を見に展望台に行った、24:00-24:35の間で2個。風があれば蚊に刺されない。

08/11(日)晴(35-27)18:20-18:45
 見られず。

08/10(土)晴(36-27)18:25-18:45
 見られず。

08/09(金)晴(35-27)17:55-18:45
 見られず。
今日から観察場所は後方の公園内展望台に変更。若鳥から若鳥になり自分て狩りをし、SPで給餌要求鳴きをしなくなった。後方展望台はSP松の三分の二ぐらいの高さがあり、公園のテリトリーを見渡せる。

08/08(木)晴(34.5-27)18:45-18:55
 見られず。

08/07(水)晴(36-27)都合で休み。

08/06(火)晴(36-27.5)18:25-18:40
 18:35若鳥が陵の東中腹から飛び出して北に飛び去った。

08/05(月)晴(36-27)都合で休み。

08/04(日)快晴(35.5-27.5)18:40-18:55
 到着時、雛鳥がSP方向から稜線を越え南側へ飛び去った、展望台で撮影していた人の画像を見せてもらうと獲物を摘まんでいる様子が捉えられて居た、これで雛鳥が自立し狩りが出来るのが確定した、これで呼び名が幼鳥から若鳥になる。

08/03(土)快晴(36-28)都合で休み。

08/02(金)晴(36.5-28)18:25-18:55
 見られず。給餌要求鳴きがないので狩りが出来るようになったか、落鳥したか。

08/01(木)快晴(36-27)18:40-18:55
 見られず。