カモ類、雌の識別


撮影 中辻 武一氏

カモ類はカルガモをのぞいて雄は特徴があるので問題はないのですが種類によって雌はマガモの雌とよく似ていて雄と一緒に行動していれば分りますが当地で最多羽数のマガモに混じると苦労します、図鑑にはそれぞれ特徴が書かれてありますがここでは私の識別ポイントをマガモの雌と比較します。

マガモ 
kamomesusikibetu/magamo syou.JPG
が独特の特徴、雄にもある。
黄色い部分の模様は個体差がある。
カルガモ オカヨシガモ ハシビロガモ コガモ
kamomesusikibetu/karugamo syou.jpg kamomesusikibetu/okayosigamo syou.jpg kamomesusikibetu/hasibiro syou.jpg kamomesusikibetu/kogamo syou.jpg
カルガモは♂♀同模様。
が独特の特徴、マガモと比べてクチバシの先端だけがオレンジもしくは黄色。
の先に白色が太く入る。
マガモに比べて全体に黒っぽい。
が独特の特徴、ただし翼のたたみ方によっては出ないこともある。
はヒドリガモとよく似ている。
マガモより角度が浅い。
正面から見るとマガモに比べ模様がはっきりしている
何たってが大きく幅が広い。 マガモに比べ一回り小さい。    
黒からグレー一色。
がグリーン
ヨシガモ オナガガモ トモエガモ シマアジ
kamomesusikibetu/yosigamow syou.jpg kamomesusikibetu/onagagamo syou.jpg kamomesusikibetu/tomoegamow syou.jpg
Aオカヨシガモに似る。
グレー一色
Dオカヨシガモに比べて黒。
F過眼線、眉班がない。
A少し反り返っている。
グレー               
が長い
F眉斑は薄茶。
BGグレーから黒一色で付け根にある
白斑が独特の特徴。
シマアジと酷似。
中辻氏が希少種の撮影に成功されました。
F眉斑は白(トモエガモとの区別はここだけ)。
BGグレーから黒一色で付け根にある
白斑が独特の特徴。