カワセミの観察日記
新しい書き込みを上段に挿入します、平成11年3月開始。
観察時間、性別、トピックスの順です。

用語の説明

09/06/20 10年ぶりに繁殖成功。
09/05/17 今までの経験の積み重ねで観察精度が上がり今シーズン、
巣穴補修からディスプレー、交尾、抱卵、ふ化、巣立ちまで連続で観察できました。
カワセミのデーターに別記

残念ながら2010/11/01から巣のある池の埋め立て工事が開始され
この池の繁殖は今回で最後となります。
北池でSP(サインポスト、巣の有る池のAポイント)が作られたので観察再開。



    
場所の説明
Aポイント A 野バラ、ブッシュ 新しく掘られた巣穴 マベ、ブッシュ
埋め立てで全て無くなりました。     
 新しい繁殖場所の説明 SP

開始1995年度~1999年度 2000年度1/14へ  2001年度3/15へ  2002年度4/1へ 2003年度2/20へ 
2004年度へ 2005年度へ  2006年度へ 2007年度へ 2008年度へ 2009年度へ 2010年度へ 2011年度へ
2012年度へ 2013年度へ
2014年度へ 2015年度へ    2016年度へ 2017年度へ 2018年度へ 
2019年(令和元年)度へ
HOMEへ

書込方を変更します、ファイルが大きくなり書込反応が遅くなるので1ヶ月分を書き込み、後はその年のファイルに移します。


2019年度、書き込み用            

09/16(月祝)晴(32.5-25)18:15
  到着時、SP西側の少し離れた枝に留まり狩りワッチをしていた、5分後、南側に飛び去った、暗くて雌雄は確認出来なかったが一応テリトリーは確保しているよう。

繁殖行動は見られないので以降、姿を観察出来たら記入します。

08/12(月祝)晴(36-27)19:00。日没18:50
 所在確認のみ、見られず。

08/11(日)晴(35-27)18:55
 所在確認のみ、見られず。

08/10(土)晴(36-27)18:55
 所在確認のみ、見られず。

08/09(金)晴(35-27)19:00
 所在確認のみ、見られず。

08/08(木)晴(34.5-27)19:00
 所在確認のみ、見られず。

08/07(水)晴(36-27)都合で休み。

08/06(火)晴(36-27.5)19:00
 所在確認のみ、見られず。

08/05(月)晴(36-27)都合で休み。

08/04(日)快晴(35.5-27.5)19:00
 所在確認のみ、見られず。

08/03(土)快晴(36-28)都合で休み。

08/02(金)晴(36.5-28)都合で休み。

08/01(木)快晴(36-27)19:00
 所在確認のみ、見られず。

用語の説明

SP(サインポスト)

ルーティーン
抱卵中の親、雛への給餌時巣穴に入った後、飛び出し♂は枝、♀はSPに向かう途中水打ちを数回し、留まった後水浴び羽繕いを数回する
巣穴に入ると汚れるためか?

固まっていたフリーズ
→SPで動かずじっとしている、2010/08追記、これまでの観察で入巣前のフリーズはおなかの卵が産卵に適するまで待つよう。
(2015/04/22追記)従って止まり木の下には糞跡は多数有る。

入る留まるの違い
→Aポイント、マベブッシュ等の奥に入り姿を隠す事を入る、捕食する時は枝等に姿が見える状態でとまる、

ワッチ(無線用語から引用)Aポイントは場所を分けてある
→捕食時、餌探しの監視体制。

AP=Aポイント、Aポイントは場所を分けてある
(A-1)等、大きな写真参照。

(08/04)繁殖保護のため場所特定されないよう池の呼び名を以下のようにします。
北側の池ー北池、巣のある池ー中池、南側の池ー南池

直出
→巣から直接飛び出す(入巣する時は周りの枝に止まり安全を確かめて入るが、出るときはたいてい直出する)。

カウント
→時計を見る暇がないので自分でカウントする。例→8で出る。

水打ち
→巣に餌入れをするとき一度巣の付近に留まり何度か鳴いてから入巣するが出る時は直出し西に直進し角で北に曲がりAポイントに留まる、この途中飛びながら水浴びをする、これは観察開始以来必ず見られ水打ちポイントは毎年変わるがひとシーズンはほぼ同じところで水打ちする。その後枝に留まり数回水浴びをする。定型行動(儀式のよう。
巣のある池が埋め立てられた後、隣の池で繁殖が開始されて、ここでも水打ちが見られる(2015/06/10追記)。
以前の埋め立てられた池での巣穴は繰り返し毎年使われていた、そのため糞、ペリットなどの堆積物が黒く流れ出ていた、
今シーズン、新しい池での巣穴も同じように内部には堆積物が有り、巣から飛び出すと直ぐに水浴びすると思われる(2015/06/12追記)。

抱卵の交代儀式
抱卵に入ると一羽だけで巣穴にはいる、相方は交代で巣の池に飛来する時連続音で鳴きAポイントか巣横のマベブッシュに入る、その後巣横の枝に留まり小さく鳴くと抱卵していた方が飛び出しその後入巣する。

コース
Aポイントから巣池を離れるとき南池へは西向きに最短コースをとるが巣池飛来時は最短コースが多いが警戒したとき巣と対岸の間を道路から進入、これが南コースから、もう一つは西から池の手前で一度北に振り観察位置あたりから巣に向かう、私の頭上を通過する、私を観察しているよう。