履中天皇陵のミコアイサと
                              周辺部でのカワセミの繁殖
         

                   追加 ツバメの繁殖
残念ながらカワセミの観察は2010/11に巣のある池が埋め立て工事が開始された。
2012/03/29 土砂の搬入始まり、巣が埋まった、カワセミ観察終了。
2012/04/012012/10/22 カワセミ観察再開、巣のある池が埋め立てれたが北池に10月、SP(以前のAポイント)を設定したので
繁殖に向けて新たに北池で環境整備をすると見られる。
 カワセミ観察に代わって新しく履中天皇陵でオオタカの観察を始める。
2015/4/1 これまで行ったミコアイサの記録を整理するため今年のオオタカ観察は行わない。
2015/04/24 巣穴があると予想される茂みに入るのを確認。

2016/03/31 ミコアイサ観察終了。
2016/04/01 カワセミ観察開始、今シーズンもオオタカ観察は行わずカワセミ繁殖を観察する。
2016/04/20 ふ化確定。

1998/12 村田幹夫
2002/1 改訂

カワセミの観察日記            ミコアイサとカモ類の観察日記 
                 
履中天皇陵の観察日記オオタカ編
                            

2011/03/13 本年度のガンカモ調査の結果が発表されました、
当地と関連、関心のあることを抜粋しました


05/07/22 テレビ東京 「朝は楽しく」新発見!Tokyo散歩道という散歩コースを紹介するコーナーで
トップページのカワセミの写真が使われました。


08/01/17ミコアイサの鳴き声を確認、初聞。


履中天皇陵(大阪府堺市注1地図リンク注2陵説明リンク)でミコアイサの観察をしております。
当初は写真を撮るための観察でしたが、
だんだんデーターが集まるにつれ主客転倒し、観察の方が主になっております。
指導していただいている日本野鳥の会大阪支部の福岡賢造氏より、
「他のカモ類のカウントも」との指摘を受け同時に実施しております。
ほぼ同時期に自宅付近のため池でカワセミの巣を発見し、
これも撮影のための観察でしたが
今では雛が巣立つのが楽しみになっております。
バードウォッチング等、役立てば、と思いホームページを開設しました。
まだ未完成で、加筆、変更します。
アドバイス、リンク切れ等ございましたらメールでご指摘下さい。


掲載の写真はクリックすれば大きくなります、
当ホームページの写真、文章の無断転用はお断りします。
又、
バナー等、商業用広告の掲載はお断りします

 

ミコアイサ
巫女秋沙
ガンカモ目ガンカモ科 英名 Smew 学名 Mergellus albells

毎年1月15日前後に環境庁の呼びかけで全国一斉で実施する、ガンカモ科鳥類の生息調査で、
平成9年1月に行われた
全国の資料では2,437羽、この年、大阪府下で26羽、
平成11年1月に行われた
全国の資料では2,365羽、
平成10年1月に行われた
大阪府下の資料でも71羽、
平成11年1月は55羽、平成12年1月は70羽で数の少ない鳥です。
 平成12年の大阪府の飛来地は14カ所で履中天皇陵は毎年越冬する数少ない飛来地です。
特に雄は、体が白く目の周りが黒いパンダガモと呼ばれ、生息調査では、雄雌区別をしていませんが、
履中天皇陵での比率は3割以下です。
他のカモ類と違って、雌が早く飛来し、雄より後で飛去します。
雄が飛来してきてもあまり強いリーダーシップはないようで、
まるでライオンの群のような母系家族です(独断)。
採餌行動は活発で20秒位の潜水を二三回し、休憩。これを二三回繰り返し長い休憩をします。
最初の潜水時は群が一斉に潜り、後はバラバラに潜水し、かなり広い範囲を移動します。

カワセミ
 
翡翠
ブッポウソウ目カワセミ科 英名 Common Kingfisher 学名 Alcedo atthis 

一時減少しましたが最近では普通に見られるようになってきました。条件さえ整えば住宅地でも繁殖します。
水辺の護岸整備などで繁殖巣穴用の土がむきだしの崖が少なくなってきました。
なわばりを持つようで数は少ない。
 

概要
 ミコアイサと他のカモ類は履中天皇陵でおよそ10月から3月末まで出勤途中立ち寄ってカウントしています。
その年の観察文を「ミコアイサの観察日記」にデーターを「ミコアイサとカモ類のデーター」に書き込み、
過去の記録をミコアイサは「ミコアイサのデーター」に、他のカモ類とミコアイサの集計を
「ミコアイサと他のカモ類の集計」に載せます。
 カワセミは出勤途中にある、ため池で観察しています、
繁殖期のその年の記録を「カワセミの観察日記」に書き込み、過去の記録を「カワセミのデーター」に載せます。

オオタカ
大鷹
タカ目タカ科 英名 Northem Goshawk 学名Accipiter gentilis

概要
履中天皇陵の北側にサインポスト(略してSP)が有るのを見つけ、
陵、北向かいに有る円墳を模った展望台
(高さ約7m)からSPに飛来するのを観察。


ミコアイサ

ミコアイサとカモ類の観察日記
2015 /10/01 観察開始 。

堺市西区石津ヶ丘にて、飛来から飛去まで観察しております。
同時に期間中、飛来するカモ類もカウントしております。ほぼ毎日更新。
およそ10月から3月末まで。時間は通勤途中立ち寄りますので15時から17時の間です。

併設 履中天皇陵のカモ達
中辻 武一氏撮影の証拠写真です。

ミコアイサとカモ類のデータ
2015/03/31観察終了したが姿が見えなくなるまで記入)
 ミコアイサとカモ類の日計表です、初認以降、ほぼ毎日更新します。 

ミコアイサのデーター

横に広くなり見にくくなるので平成16年度からのミコアイサの日計表です。

ミコアイサ、全てのデータ

 観察開始、平成6年度から今年のミコアイサの日計表です、初認日、飛去日、羽数の比較が出来ます。 

ミコアイサと他のカモ類の集計
2013/03/23 ミコアイサの集計追記。
 平成6年度から今年のミコアイサとカモ類の月計と合計表です。

ミコアイサとその他のカモ類のまとめ
 生態その他分かったことを文章でまとめてみました。

ガンカモ科鳥類生息調査資料より、大阪府内におけるカモ類観察数の推移。
(平成22年度分データ追記 )
 
毎年1月15日前後に全国一斉に行われるガンカモ調査のデーターです。

各地のミコアイサ
 
併設、各地のトモエガモ
(2006/06/18 メーリングリストWing mlの05年度データーをバックアップ追記しました。
2008/02/16中辻さんから大阪府、ニサンザイ古墳の情報をいただきました。)

 
当HPに頂いた情報とメーリングリスト(Wing−ml)で展開していた同名の「各地のミコアイサ」の一覧表です。

ミコアイサの情報を集めています。
 徐々に解ってきたのですが履中天皇陵のミコアイサは全部がここで越冬するのではなく
一部が何処かと行ったり来たりしている様です。
 堺市内で履中天皇陵以外の観察情報をお願いします。全国各地での情報もお願いします。
 観察地点の都道府県名(堺市内は結構です)と観察地名(陵、池、川、湾などの名前)、
雄の羽数、雌の羽数、日付、観察者の名前を記入してください。
メール、手紙、葉書いずれでも結構です。情報は随時「各地のミコアイサ」に書き込みます。、
 尚トモエガモもお願いします。過去の記録でも結構です、出来るだけご本人の観察か公表された記録でお願いします。

各地のミコアイサ、♀の顔
皆さまから提供していただいた雌、個体識別用画像です。

カモ類、♀の識別
(2005/01/02一応完成しました。
2006/04/20中辻氏が滅多に見られないシマアジの撮影に成功されましたので追加しました。)

中辻 武一氏より画像を提供していただいたので作成できた履中天皇陵での私なりの雌識別ポイントです。



カワセミ

カワセミの観察日記
2012/04/01土の搬入が始まり繁殖不可能で観察終了
2012/10/22 北池で繁殖に重要なSPを作ったので
観察再開
2015/04/15 北池で繁殖行動を確認。
2016/03/26 フリーズ確認

 通勤途中にある、ため池ー北側の池、巣の有る池にて年間通して観察しておりますが、
一応繁殖前後の3月から9月まで。時間は、17時から日没前の間。

月別観察比較
(2010/08/08Aポイントでペア)

カワセミのデーター
09年度繁殖過程を追記


オオタカ

履中天皇陵オオタカの観察日記 12/04/01開始
期間は4月から9月
2012年カワセミの巣が有った池の埋め立てが開始され繁殖が不可能になり観察中止となりました。
以前からミコアイサ観察中、時たま目撃していたオオタカが3月、カラスを食べる所を観察でき、
この時、陵に向かって何度も鳴き相方が居るのに気づき繁殖の可能性が有ると思い4月から観察を開始しました。
観察を開始して円墳の北側に定位置(サインポスト?SPと省略)が有るのが分かりました。

オオタカのデータ
(工事中)
ディスプレー、出現日、鳴き声の年比較。


画像



ツバメの観察日記(99年度終了)
 
1999年、JR上野芝駅前の化粧品店に巣が1つだけ有ります。


リンク
(2007/11 おもしろ:漢字ことわざ事典 追加)
リンクはご自由にして下さい、ご連絡下さればこちらからもリンクします。

メール
 御意見、御感想、御質問等ございましたら、こちらへ、
なおロボットによるアドレス収集を防止するため表示は@を
に変えています
@に変更して送信してください
 

dakkomu-rata
ares.eonet.ne.jp
.